納豆とじっくり炒めた舞茸のチャーハン 

よろこば

納豆とじっくり炒めた舞茸のチャーハン
  1. おいしそう!

料理紹介

1人分で舞茸1パック!15分ほどかけてじっくり弱火で炒めた舞茸がポイントの納豆チャーハンです。食物繊維たっぷりのキノコを摂取したくて、キノコを入れても水っぽくならないように、じっくりと炒めました。

★材料

(1人分)

  • ごはん

    1膳分

  • 舞茸

    1袋

  • 納豆

    1パック

  • 納豆のタレ

    1パック分

  • オイスターソース

    小さじ1.5

  • 1個

  • ごま油

    少々

  • 塩胡椒

    少々

★作り方

(15~30分)

  1. 1.

    舞茸は洗って適当な大きさに切る。フライパンを火にかけてごま油を入れ、舞茸を炒める。最初は中~強火で、水分が飛んだら弱火で。

  2. 2.

    15分~20分炒めてご飯を入れてほぐし、納豆も加えてほぐしながら炒める。納豆のタレとオイスターソースを入れ全体に絡める。

  3. 3.

    フライパンの中身をいったん片側に寄せ、あいたところにごま油を入れて卵を入れ、煎り玉子を作る要領で炒める。

  4. 4.

    玉子に8割がた火が通った段階で全体と混ぜ合わせ、塩胡椒で調味する。

★ワンポイントアドバイス

とにかくじっくりと舞茸を炒めることがポイントです。直径25cm程度のフライパンで1人分のチャーハンを作れば、ほぼほぼ失敗することなくパラリとした仕上がりになりますよ。一度に大量に作ろうとするとベッチャリとしたチャーハンになりがちです。

★よろこばレシピ エピソード

健康食を食べている両親には、キノコいっぱいのチャーハンでヘルシー感があるため喜ばれました。納豆好きの子どもは、そのまま食べさせると髪も服も納豆の糸で汚れてしまうので、チャーハンだと食べやすいと大喜び。

Sachiさん

Sachiさん

ワーキングマザーが娘のために作る、野菜たっぷり、カラダに優しい手作りレシピ。でも、ワーママなので時短・簡単は重要!