栗の甘露煮

栗の甘露煮
  1. 157
    おいしそう!

料理紹介

栗を煮ると、秋が来たなぁと感じます。
甘露煮にも色々なレシピがあるけれど、私はシンプルに砂糖蜜で煮るだけ。
きび砂糖や甜菜糖を使って、優しい甘みに仕上げるのが好きです。
この2つの砂糖を使うと、シロップの色も茶色です。
白砂糖で煮て、お好みで本みりんやくちなしの実を加えて、市販品のように色鮮やかに艶やかに仕上げてみても美味。
お好きな砂糖で作ってください。
モンブランやタルト、ケーキの材料やトッピング、羊羹やきんとんなどの和菓子作りにどうぞ。

★材料

(5人以上分)

  • 栗 皮付きなら1kg

    剥いて600g

  • 600cc

  • 砂糖

    600g

★作り方

(1時間以上)

  1. 1.

    栗の皮を剥き、剥いたものからすぐ水に入れ、30分ほど浸してアクを抜く
     →渋皮が残ると色が悪くなるので、できるだけ残さずに剥くこと

  2. 2.

    鍋に栗とひたひたに水(分量外)を入れて火にかけ、沸騰したら栗が踊らないよう弱火で20分茹でる
     →鍋は、栗を広げてもかさならない程度のものがベスト

  3. 3.

    冷水に取り、粗熱を取る
     →割れやすくなるので、空気にさらしておかない

  4. 4.

    水と砂糖の半量を鍋に入れて弱火で10分煮る

  5. 5.

    残りの砂糖を入れて弱火で10分煮る

  6. 6.

    鍋にふたをし、半日~一晩常温において甘みを浸透させる
     →保存は煮沸した瓶に入れて冷蔵保存2週間ほど(冷凍保存も可)

★ワンポイントアドバイス

 基本の割合は、剥いた栗の重量:砂糖:水=1:1:1。
 専用ナイフなどない場合、栗を水に一晩つけたり、熱湯をかけて冷めるまで待つと剥きやすくなります。
 煮過ぎて崩れないよう、煮る時間は、栗の品種・産地・熟れ具合で調整してください。
 お好みで、くちなしの実を割り入れる場合は、砂糖で煮る時に小さいサイズのものを1つ分加えます。

anさん

anさん

お菓子の型が大好きで、現在所有している数は750個。共同経営している珈琲専門店にてお菓子作り・企業のレシピ開発等を担当。自宅でも仕事でも、ほぼ毎日お菓子・パンを作り、日常の化粧品作りも趣味。食物栄養専攻卒。Ameba公式トップブロガー。