アガーで固めるカスタードプリン《オーブン・蒸し器不使用》 

よろこば

アガーで固めるカスタードプリン《オーブン・蒸し器不使用》
  1. 16
    おいしそう!

料理紹介

オーブンや蒸し器を使わず、短時間で出来上がるカスタードプリン。
昔懐かしいプリンの素で作った時のような、コンビニやスーパーの特売で安く売られているような、アガーで作るとそんな感じのゲル化剤で固めた特有の食感で、自分好みに固さやなめらかさの調整も簡単です。
しかも常温ですぐに固まり始めるから、手早く作る必要はあるものの、工程は難しくなく30分くらい冷やした頃からもう食べごろに。
その代わり卵には完全に熱が通らないので必ず新鮮なものを使い、早めに食べきってください。
写真はとろんと柔らかい生クリームを乗せてみました。
材料は150~180ccの器3つ分です。

★材料

(3人分)

  • Aグラニュー糖

    20g

  • A水

    5cc

  • A熱湯

    10cc

  • B牛乳

    300cc (好みで280~320cc)

  • B生クリーム

    50cc

  • B全卵

    100g(M2個分)

  • Bグラニュー糖

    40g

  • Bアガー

    5g

  • Bバニラエッセンス

    3滴

★作り方

(5~15分)

  1. 1.

    Aのグラニュー糖と水を小鍋に入れて中火で熱し、紅茶色になったら湯を加えて溶き伸ばし、器に入れる
     →器については後述参照

  2. 2.

    Bはアガープリンの材料。
    まず卵・生クリーム・バニラエッセンスを泡だて器ですり混ぜ、一度漉して湯煎などで常温(35度程度)に温めておく

  3. 3.

    小鍋に牛乳を入れ、別の容器で砂糖とアガーを混ぜたものを牛乳にふり入れる
     →牛乳が多ければやや柔らかく甘さ控えめ

  4. 4.

    牛乳を中火にかけ、焦げないように混ぜながら熱し、軽く沸騰させてアガーを煮溶かす

  5. 5.

    4を2の卵液に加えて泡立てないよう混ぜ、すぐに型に流して、冷蔵庫で冷やす
     →常温で固まり始めるので、手早く

★ワンポイントアドバイス

容器は耐熱の陶器やガラス製のものがおすすめ。
写真では断面を見せたくて透明なプラスチックを使いましたが、カラメルの熱で割れたり、ひびが入るなど破損することがあります。
割らずにプラスチックで作りたい場合は、耐熱のカップがおすすめです。

★よろこばレシピ エピソード

このレシピを教えた友人に、“プリン作りには苦手意識があったけど、このレシピなら私にもなめらかに作れる!”と喜んでもらえました♪+

anさん

anさん

お菓子の型が大好きで、現在所有している数は750個。共同経営している珈琲専門店にてお菓子作り・企業のレシピ開発等を担当。自宅でも仕事でも、ほぼ毎日お菓子・パンを作り、日常の化粧品作りも趣味。食物栄養専攻卒。Ameba公式トップブロガー。