餃子の皮とマフィン型で作る、ほうれん草とベーコンのミニキッシュ風 

よろこば

餃子の皮とマフィン型で作る、ほうれん草とベーコンのミニキッシュ風
  1. 250
    おいしそう!

料理紹介

パイ生地の代わりに餃子の皮を使って作る、お手軽キッシュ風です。
餃子の皮は大判サイズを使っていますが、普通サイズの皮をミニマフィン型に敷き込むともっとミニミニでそれも可愛いですよ♪
朝食やランチ、おやつやディナーとどのシーンにもぴったりです。

★材料

(3人分)

  • 餃子の皮・大判

    6枚

  • A卵

    50g(M1個分)

  • A牛乳

    50cc

  • A生クリーム

    50cc

  • A塩・黒胡椒

    適量

  • ほうれん草

    30g

  • 玉ねぎ

    30g

  • ベーコン

    30g

  • ミックスチーズ

    30g

★作り方

(15~30分)

  1. 1.

    オーブンは170度に予熱しはじめ、ほうれん草はゆでてざく切り、玉ねぎは薄切りにして炒め、ベーコンは小さな一口大にカットして炒める

  2. 2.

    Aのアパレイユの材料をなめらかに混ぜる

  3. 3.

    餃子の皮を6~7cmのマフィン型やプリン型に敷きこみ、①で準備しておいた具を入れてから②を流し込んだら、上にチーズを散らして、予熱が終了したオーブンで15~20分焼成
     →表面に焼き色がつき中央に火が通っていれば焼き上がり

★ワンポイントアドバイス

このキッシュに限らず普通のパイ生地で作る場合も、アパレイユ(卵液)は高温で焼いたりあまり勢い欲泡立てて空気を入れてしまうとオムレツのようになってしまうので、静かに混ぜることと、低温で火を通すことたポイントです。
また、じっくりトースターやグリルで火を通すことも可能です。

★よろこばレシピ エピソード

「もうおかわりないの?」と聞かれるほど好評でした♪

anさん

anさん

お菓子の型が大好きで、現在所有している数は750個。共同経営している珈琲専門店にてお菓子作り・企業のレシピ開発等を担当。自宅でも仕事でも、ほぼ毎日お菓子・パンを作り、日常の化粧品作りも趣味。食物栄養専攻卒。Ameba公式トップブロガー。