すし酢の割合さえわかれば、2合でも、3合でも好きな分量で作ることができます。 市販の甘ったるいすし酢ではない、美味しいすし飯のレシピです! 

よろこば

すし酢の割合さえわかれば、2合でも、3合でも好きな分量で作ることができます。 市販の甘ったるいすし酢ではない、美味しいすし飯のレシピです!
  1. 8
    おいしそう!

料理紹介

寿司酢はまとめて作るなら上記割合で、使い切りたいなら下記割合で、材料をボウルの中でしっかり混ぜ合わせるだけです(特に火にかける必要はありません)
寿司桶がない場合は、ボウルでもOKです。ただ、全体を混ぜやすいように大きめのボウルがおすすめです。
炊きたてのごはんを寿司桶(もしくはボウル)に移します。次に、分量の寿司酢をしゃもじに伝わせるようにして、全体にまわしかけます。
ここですぐにしゃもじで米を混ぜるのではなく、米に浸透する時間、ほんの5秒くらいでいいのですが、待ってから混ぜ合わせます。
https://www.dxdoll.com
混ぜるときはしゃもじを大きく動かして、はじめは底から混ぜるように、次に米を切るように混ぜ合わせます。


★材料

(2人分)

  • 米酢

    50ml

  • 砂糖

    大さじ1と小さじ1

  • 5g

★作り方

(15~30分)

  1. 1.

    ある程度寿司酢が混ざれば、あとはダマをなくすようにしゃもじを横に切るように細かく細かく動かします(実際の動きは動画を参照ください)。

  2. 2.

    ごはんがつぶれないように、全体が寿司酢をまとってつややかに輝くまで手早く合わせます

★ワンポイントアドバイス

はじめて寿司飯を作る場合や、お米が柔らかめに炊けているときは、分量の寿司酢を全部入れずに、少し残して一度味を見てみてもよいです。お米の硬さなどによって、寿司酢を微調整して好みのお酢加減・しっとり感に仕上げましょう!

★よろこばレシピ エピソード

余ったすし飯を冷蔵庫に入れて翌日に硬くなってしまった、冬場に部屋に置いておいたら硬くなってしまった、といった場合は、再びあたためるとふっくらすし飯が美味しくよみがえります。