筋肉料理人さんのスパイスレシピ道場

白身魚のオーブン焼き、 タイム風味のトマトソース添え



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~
今月のスパイスブログのテーマは「パーティー、おもてなしにスパイスで冬のごちそうディナー」です。今は忘年会シーズン真っ盛り!そしてもうすぐクリスマスです。パーティー、おもてなしにぴったりな料理を紹介させて頂きます。

魚料理は日本料理が一番って印象がありますが、洋風の魚料理もなかなかどうして、豪快、豪華、そして美味しい料理が沢山あるようで、白身魚をまるごと一尾、オーブン焼きした料理はパーティー、おもてなしに華を添えてくれます。白身魚のイトヨリをGABANタイム<パウダー>、GABANホワイトペパーを使ってオーブン焼きし、トマトソースを添えました。トマトソースにもタイムの香りを効かせることで、豪華な魚料理をさっぱり美味しく食べることができます。



今日の料理に使ったのはイトヨリです。エラ、内臓を取り除いた状態で500g位ありました。魚の種類は鯛、イサキ、アマダイ、スズキ等、白身魚なら何でもいいです。切り身で作っても構いません。切り身の場合は加熱時間など適当に調節してください。

白身魚をまるごと一尾使う場合はウロコ、エラ、内臓を取り除かないといけませんので、ここまでの処理を魚屋さんでしてもらうといいでしょう。

材料4人分
白身魚  500g位の魚を一尾
ベーコン(スライス)  50g
トマト水煮缶詰カットタイプ 1缶(400g)
赤パプリカ  1/2個
黄パプリカ  1/2個
玉ねぎ  1/2個
にんにく  1かけ
レモン  1/4個
刻みパセリ  適量
白ワイン  1/2カップ
固形コンソメ  1個
砂糖  小さじ1
塩  小さじ1
オリーブ油  大さじ5
GABANタイム<パウダー>  小さじ1/4
GABANホワイトペパー<パウダー>  小さじ1/4

作り方

1)白身魚全体に塩小さじ1、GABANタイム(分量外)、GABANホワイトペパー(分量外)をパラパラとふりかけ、室温で20分馴染ませる。

2)赤・黄パプリカ、玉ねぎは1cmの角切りにし、にんにくは薄く切る。ベーコンは2cm幅の薄切りにする。

3)鍋にオリーブ油大さじ2を入れて中火でベーコン、赤・黄パプリカ、玉ねぎ、にんにくの順に炒めたら、トマト水煮、白ワイン、固形コンソメを加え、時々混ぜながら半量になるまで煮詰める。煮詰めたらGABANタイム、GABANホワイトペパー、砂糖、塩(分量外)適量で味を整え、火を止める。

4)1)の白身魚の水分を拭き取り、魚の表面(頭を左、腹を手前にしてまな板に置く)に5~6箇所、包丁を右に傾けて斜めに切れ目を入れる。切れ目に薄切りした半月レモンをはさむ。

5)4)をクッキングシートを敷いたオーブントレイにのせ、オリーブ油大さじ3をまわしかける。尾ひれが焼け落ちないように塩(分量外)を多めにまぶし、230℃のオーブンで20分焼く。10分焼いた所で一旦取り出し、オーブントレイのオリーブ油をすくって魚にかけ、オーブントレイの向きを変えてオーブンに戻し、残り時間を焼く。

6)大皿に3)のソースを敷き、上に焼きあがった5)の白身魚をのせる。刻みパセリを散らしてできあがり。



「白身魚のオーブン焼き、 タイム風味のトマトソース添え」の完成です!
ほっこり焼けた白身とタイム風味のトマトソースの組み合わせがいい感じです。パーティーでこれを出せば盛り上がること間違いなしでしょう。

魚の大きさ、オーブンの種類で焼き上がりが変わりますので、温度、焼き時間は適当に調節してください。


メニュー分類で探す!