スキレットとカセットコンロで焼く全粒粉のパン 

よろこば

 動画あり

スキレットとカセットコンロで焼く全粒粉のパン
  1. 1
    おいしそう!

料理紹介

同サイズのスキレット2枚を鍋とフタの一組の鍋として使い、ガスコンロで焼くパンです。オーブンが無くてもふわふわなパンが焼けます。アウトドアや最悪停電の時でもパンが焼ける方法のひとつとして覚えていて欲しいです。

★材料

(1人分)

  • 強力粉

    45g

  • 薄力粉

    40g

  • 全粒粉

    15g

  • インスタントドライイースト

    2g

  • 砂糖

    10g

  • 1g

  • 25g

  • 牛乳

    10g

  • 30g

  • バター

    10g

★作り方

(1時間以上)

  1. 1.

    バター以外の材料を合わせ、手でこねる。5分くらい

  2. 2.

    バターを加えさらに手でこねる。10分くらい。
    生地を伸ばし破れずに裏から当てた指が透けて見えたらこね上がり。
    ひとつにまとめてボールに入れ温かい室内で1次発酵。40~60分

  3. 3.

    生地が2倍近くまで膨らんで、挿した指のあとがそのまま残れば発酵終了。

  4. 4.

    ガス抜きをして4分割し丸めベンチタイム10分。

  5. 5.

    クッキングシートを敷いたスキレットに、丸め直した生地を並べ、仕上げ発酵。30分~60分。

  6. 6.

    1.5~2倍に膨らんだら、極とろ火のガスで焼く。同サイズのスキレットを蓋の代わりに被せる。約7分。

  7. 7.

    底面が焼けたら、身のスキレットと蓋のスキレットの持ち手を揃えて持ち、身と蓋といっしょにひっくり返す。パンの上下がひっくり返る。

  8. 8.

    今まで上面だった生地が底になっている。極とろ火5~7分で焼き上げる。

★ワンポイントアドバイス

スキレットは15cm(ダイソーのMサイズ)です。必要ならシーズニングしてください。
くっつき予防にクッキングシートを底に敷くと安心です。
焼き時間は生地の温度、鍋の暖まり具合、当日の室温で変わってきます。調整してください。

★よろこばレシピ エピソード

1人暮らしで電化製品が揃っていないが、パンを焼いてみたい。パン作りの基礎がわかって嬉しい。

コットンさん

コットンさん

札幌で、受注生産で焼き菓子やパンを製造販売しています。焼き菓子屋ではあるけれど、お菓子に限らず「作り物」が好きなので自分自身「作家」であり「研究家」だと思ってやっています。またコールセンターでオペレーターとして働く会社員でもあります。