スペシャルアンバサダー レシピ&コラム かな姐さん
毎日お役立ち!かな姐さんが、ごはんがすすむ、お酒がすすむ簡単なスパイスレシピ&食卓の楽しみ方をご紹介!

煮込まなくてOK!【お肉を食べるためのスパイスビーフカレー】

2022年5月 9日

こんにちは!かな姐です。

先月から引き続き、スパイスブログのテーマはカレーフェアー真っ最中。

前回は玉ねぎ×ひき肉を使った、絶品スパイスキーマカレーをご紹介したんですが、今回は「本格スパイスカレー」ということで!


ビーフカレーを作ることにしました。

カレーと言えばうちの実家ではずっと豚肉で作っていたんですが、関西にお嫁に来て27年、こちらではカレーと言えば断然牛肉です。

今回は本格スパイスカレーということで、この牛肉を煮込み用の牛肉ではなく、肩ロースステーキ肉を使うことに♩

そのまま塩とブラックペパーで焼いて食べるのがスタンダードなステーキのお肉をカレーにですって?!なんてもったいない!!!!!と思われるでしょうか?

いやでもちょっと待って!

今回はこのステーキ肉を使うからこそ!煮込み時間5分のカレーが出来てしまいました!

お肉がいいから決して長時間煮込まず、さっとだけ加熱します。

時間があるからせっかくだから煮込んでみよう♩←なんて決して思わないでください。要らんことせんでよろしい!

煮込まず作るし、玉ねぎもオーブンで焼いたものを使うので、フライパンに火をつけたらもう10分以内で出来ちゃいます。

スパイスの刺激的で本格的な香りと、お肉本来のうまみがまだお肉側にぎゅっと残ってる状態のコラボと、そして玉ねぎの甘みと香ばしさ、トマトの酸味でさらに奥深い味わい。

自分、天才かな?ってくらい美味しいビーフカレーが出来上がりました。

ステーキ肉はアメリカ産の肩ロースステーキ用という部位で、よく「ポンドステーキ」として売られているものを使っていますよ。


お肉がゴロゴロ!

肉も玉ねぎもトマトも煮崩れるほど煮込んでいないから、それぞれがまだ形が残っていて、その存在感があるのも嬉しいポイント。


今回使用するスパイスは・・・


IMG_4793.jpg


左から、色、色、香り、香り、辛味と並んでいます。

ターメリックだけでもいいんだけど、ちょっと濃い色、深い味わいに仕上げたくてパプリカも使用しています。

わたしはカレーを作るときにはまず、お料理する前にこれだけ混ぜ合わせて用意しておきます。





20220411.png


【お肉を食べるためのスパイスビーフカレー】

材料(5人分)

・牛肉(肩ロースステーキ用) 2枚(800g)

・玉ねぎ 3個(600g)

・ニンニク、生姜 各1かけ

・オリーブオイル 適量

・トマト 1個(250g)

・塩 小さじ1

・赤ワイン 50ml

A

・GABANターメリック<パウダー> 小さじ3

・GABANパプリカ<パウダー> 小さじ3

・GABANクミン<パウダー> 小さじ2

・GABANコリアンダー<パウダー> 小さじ2

・GABANレッドペパー<パウダー> 小さじ1/2


作り方

1)玉ねぎはくし形に切り、天板に並べて軽くオリーブオイルを振りかける。200度に予熱したオーブンで20分焼く。トマトはざく切り、ニンニクと生姜はみじん切りにする。

2)牛肉は2センチ角くらいに切る。その時にスジや余分な脂は切り取り、牛脂として使う。牛肉をボウルに入れ、Aと塩を入れて手でよく揉み、20分ほどおく。

3)フライパンに牛脂とオリーブオイル、ニンニク、生姜を入れて中火にかける。香りが立ってきたら2の牛肉を入れて軽く炒める。

4)トマトを加え、さらに1の玉ねぎもすべて入れて全体を混ぜ、赤ワインを注いで中火のまま5分ほど煮て火を止める。


IMG_4800.jpg


ほぼ煮込み要らず!

炒め物に限りなく近いビーフカレーです。



--------------------------------------------------------------------------------------

スパイスレシピや役立つ情報が満載♪☆スパイスブログTOPはコチラ>>

世界のスパイスを使ったスパイスカレーレシピ検索はコチラ>>

井上かなえ(かな姐)さん

ブログのアクセス数は1日10万件を超える人気料理家。各メディア、商品開発、料理イベントなど多方面で活躍中。

スペシャルアンバサダー連載記事

スペシャルアンバサダー
スパイスレシピ&コラム