鯛のソテー サフランソース添え

鯛のソテー サフランソース添え
  1. 1
    おいしそう!

料理紹介

シンプルにソテーした鯛の切り身に、
クリーミーなサフランソースと爽やかなグレープフルーツを添えました。

目にも鮮やかなサフランは、柑橘類やクリーム系とも相性抜群のスパイス。
下に敷いたほうれん草を一緒に絡めながらいただきます。
簡単だけれど本格的な味わいのソースのおかげで、
気分はすっかりおうちビストロです。

★材料

(2人分)

  • 鯛 (切り身)

    2切れ

  • 少々

  • ホワイトペパー(パウダー)

    少々

  • オリーブオイル

    大さじ1

  • 玉ねぎ

    40g

  • バター

    1片

  • サフラン

    ひとつまみ

  • 白ワイン

    大さじ1

  • ほうれん草

    200g

  • グレープフルーツ

    2房

  • セルフィーユ

    適宜

  • [A] 生クリーム

    100cc

  • [A] 塩

    少々(ややきつめに)

  • [A] ホワイトペパー(パウダー)

    少々

  • [B] 塩

    少々

  • [B] ホワイトペパー(パウダー)

    少々

★作り方

(15~30分)

  1. 1.

    サフランは白ワインに浸し、じっくり色を出しておく。

  2. 2.

    鯛は塩を振ってしばらく置き、出てきた水気をキッチンペーパーで
    拭き取ってからホワイトペパーを振る。

  3. 3.

    フライパンにオリーブオイルを熱し、鯛を(皮付きの場合は皮目から)
    並べて、弱火~中火で両面ソテーする。

  4. 4.

    その間にソース作り。
    別の小鍋にバターを溶かしてみじん切りにした玉ねぎを炒め、
    1. のサフランを汁ごと入れて[A]も加え、汁気を少し煮詰める。

  5. 5.

    3. のフライパンの鯛が焼けたら一旦取り出し、油をざっと拭いて、
    同じフライパンに新たにバターを熱してほうれん草を炒め、
    [B]で味付けする。

  6. 6.

    5. のほうれん草を皿に盛り、鯛を乗せ、
    上からサフランソースをかければ出来上がり。
    仕上げにグレープフルーツ、お好みでセルフィーユを飾ります。

★ワンポイントアドバイス

◆鯛以外でも、白身魚なら大抵おいしくできます。

◆カロリーが気になる場合は、塩茹でしたほうれん草(水気をよく切ったもの)
 にかえてもおいしいです。

◆グレープフルーツをあまり沢山のせすぎると、せっかくのサフランの香りが
 弱くなってしまうので程々に。

庭乃桃さん

庭乃桃さん

料理・食文化研究家。女子栄養大学 食生活指導士。ご飯がすすむ毎日のおかずから、ひと鍋で作れる本格欧風料理、日本の食卓にもなじむスパイス&ハーブのレシピまで幅広くご紹介しています。 2020年、欧州連合(EU)の食品・飲料プロモーション「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、季節のオリジナルレシピの開発・監修を担当。 柏書房より、ヨーロッパの食と歴史をレシピと共に紹介した『おいしく世界史』も発売中。