炭火で作る『年越しそば(エビ天・れんこん天入り)』 

よろこば

炭火で作る『年越しそば(エビ天・れんこん天入り)』
  1. 43
    おいしそう!

料理紹介

市販されているお総菜の『エビとれんこんの天ぷら』を炭火で炙るだけのカンタンですが、衣がカリッとして余分な油が落ちてとても美味しく食べられます。
炙りたてをそばに入れるとジュッといい音がして、天ぷらのいい香りとそばつゆの香りがして食欲をそそります。
そばのおつゆに入れてもカリッとした食感があり揚げたての天ぷらとは違った食感が楽しめて美味しかったです。

★材料

(2人分)

  • 生そば

    2人前

  • そばつゆ(添付のもの)

    2人前

  • エビ天

    2尾

  • れんこん天

    1枚

  • 板かまぼこ

    適量

  • 白ネギ

    適量

  • 刻みネギ

    適量

★作り方

(5~15分)

  1. 1.

    熱くなった網の上に、エビとれんこんの天ぷらをのせます。

  2. 2.

    全体に少し焦げ目がつくくらい炙ります。

  3. 3.

    生そばを茹でて、熱々のそばつゆに入れ、炙り縦の天ぷらをのせます。

  4. 4.

    最後にかまぼこと刻みネギを入れてできあがりです。

★ワンポイントアドバイス

炭火焼料理は、人間が持っている五感(目で見て、自らが焼き、音を聞き、香りを楽しみ、素材の旨味を味わう)を満足できる料理だと私は思っております。
『カートリッジ炭』は、どなたにも簡単に確実に、マッチ1本で、10分ぐらいで、本格炭火焼料理が楽しくできます。

★よろこばレシピ エピソード

お総菜も炭火で炙り直すと、一味違った美味しさを味わえます。
天ぷらなど揚げ物は、炭火で炙り直すと余分な油が落ち、体に優しいと思います。

炭火グルメだんらんさん

炭火グルメだんらんさん

自分が手術・抗がん剤治療をして、『改めて炭火焼料理の美味しさを実感』しました。 特に、抗がん剤治療の副作用で食欲がない時は炭火焼料理に助けられました。 病気で療養して食欲がない方・抗がん剤の副作用で食べられない方に炭火焼料理を是非試して頂き、少しでも食べられることができればと思い『レシピブログ』を再開しました。 炭火焼料理は、五感を満足できる料理だと思います。