はっさくのマーマレード

はっさくのマーマレード
  1. 14
    おいしそう!

料理紹介

お向かいの奥様に託された八朔で、マーマレード
綺麗にできた。
って、こんなにたくさんどうする
毎年たくさん頂くはっさくをマーマレードにしてお返しすると、大喜びして下さいます。
そして、私のSNSを見て、真似して作ってみましたがうまくいきません。どうしてかな? なんてご近所さんに聞かれるので、調子に乗ってレシピあげてみます

★材料

(5人以上分)

  • はっさく

    10個(実200g) 

  • グラニュー糖

    400g

★作り方

(1時間以上)

  1. 1.

    八朔の皮をむき、果肉と果皮に分ける
      薄皮もはずし、果実のみの分量を量る

  2. 2.

    果皮はたっぷりの水で煮て、茹でこぼし
    また、たっぷりの水で煮る
    最低3回水煮をする
     
      水煮を繰り返すことで、皮の苦みを
      程良くおさえ、中果皮(白い部分)が
      透明になります

  3. 3.

    果肉の分量と同じ量の果皮を細くスライスする
      今回は、合計量を400gにします

    お砂糖と果実(果肉+果皮)の分量は1:1でだいたい糖度55くらいに仕上がります
    甘さ控えめが良い方は、調整して下さい

  4. 4.

    鍋に、果実、水煮してスライスした果皮と同量のグラニュー糖を合わせて弱火で焦げ付かないように煮立たせます (10~15分程度)

  5. 5.

    一度煮立ったら、かき混ぜながら5分ほど弱火で煮て火を止め、ざるに濾して、実とシロップに分ける

  6. 6.

    もう一度シロップだけを鍋に戻し弱火で20分ほど煮詰める

  7. 7.

    少しとろみがついたシロップの鍋に、ざるに濾した実を戻し、中火で一煮立ち(5分ほど)したら出来上がり
    冷めたら保存容器に移して冷蔵保存して下さい

★ワンポイントアドバイス

★とろ火でことこと何時間というレシピも多いですが、果物の色や形を残したい場合は、途中で、シロップと果実を分けるときれいに仕上がります
★かんきつ類の場合で、果皮を使い場合は、水煮を数回繰り返すと渋みがなくなります
時間があったら、水に浸して一晩おいてから煮る方が、透明度があがり綺麗なマーマレードになります

マダムMsさん

マダムMsさん

世界遺産の地 屋久島で小さな洋食屋さんをやってます 地元屋久島の美味しいフルーツや食材を使ったレシピ、お店のスイーツレシピも思い切ってご紹介しちゃいます