全粒粉の素朴ピタパン(ノンオイル・ノンシュガー)

全粒粉の素朴ピタパン(ノンオイル・ノンシュガー)
  1. おいしそう!

料理紹介

冷蔵発酵で翌朝焼きます。
ピタは2次発酵がいらないので、朝食にとても便利なんですよ。それで私はよく朝食にピタパンのお世話になってます。

オーブンで焼きますが、フライパンやトースターでもでも焼けますよ。

※古いレシピ用ブログから持ってきました。再掲載レシピです。当時のレシピなので、今とは少し違いますが。

★材料

(2人分)

  • 全粒粉

    50g

  • 強力粉

    100g

  • 1カップ

  • 牛乳

    大さじ1

  • ひとつまみ

  • インスタントドライイースト

    2g

★作り方

(1時間以上)

  1. 1.

    【前夜にやること-生地作り1】

    計量カップに水1カップと塩ひとつまみ、牛乳を入れ混ぜます。

  2. 2.

    【前夜にやること-生地作り2】

    ボールに、全粒粉・強力粉・ドライイーストを入れて混ぜ合わせます。
    全体が混ざったら 1 の液を入れます。

  3. 3.

    【前夜にやること-生地作り3】

    粉っぽさが無くなるまで、全体を混ぜたら、ジップロック等の厚手で丈夫な袋に入れます。
    空気の隙間ができないように、空気を袋から出すようにしてジッパーを閉めます。
    ジッパーを閉じたら、そのまま冷蔵庫で8時間前後寝かせます。
    最長20時間ぐらいまで大丈夫ですが、季節や冷えによるので目安と考えて下さい。

  4. 4.

    【当日にやること-成形と焼成1】

    オーブンの温め時間がかかる場合は、ここでオーブンを温め始めてください。

    生地の入った袋を冷蔵庫から取り出します。
    生地を袋から出し、冷えた生地を手の体温で温めるように少し捏ねます。
    力は入れず、優しく混ぜるように捏ねてください。

    ※ガス抜きと、生地温度を上げる為に行います。時々手で包んで温めたりしながら行って下さい。

  5. 5.

    【当日にやること-成形と焼成2】

    生地を4等分に切り分けます。一つずつ、手のひらで転がすようにして丸めます。

  6. 6.

    【当日にやること-成形と焼成3】

    オーブンの余熱を始めます。焼成温度は250度です。
    ピタを包む為の布巾を準備します
    清潔な布巾を水で濡らし、硬めに絞っておきます。

  7. 7.

    【当日にやること-成形と焼成4】

    丸めた生地を、めん棒で丸型に伸ばします。4個全部終わったら、天板に並べます。

  8. 8.

    【当日にやること-成形と焼成5】

    オーブンで3〜8分、様子を見ながら焼きます。生地が膨らんだら焼き上がりです。

  9. 9.

    【当日にやること-成形と焼成6】

    焼きあがったピタを濡れ布巾で包み、湿度を与え乾燥を防ぎます。

  10. 10.

    【当日にやること-成形と焼成7】

    フィリング(中に入れる具)の用意が出来たら半分に切って、中身を詰めます。
    好みの具を挟んで召し上がってください。

★ワンポイントアドバイス

粉量はロールパン3〜4個分程度なので2人前としますが、中身にもよります。

男性で2人分と考えるには少し少ないかもしれません。シリアルやフルーツヨーグルトを用意しておくと足しになると思います。

全粒粉を多めに入れているので、繊維質や栄養価が底上げされています。
全粒粉が苦手な方は、小さじ1/4ぐらいのきび糖を加えると、少し食べやすくなると思います。

ピタにはたいして味が無いので、しっかり味付けされた物を詰めると美味しいです。前日の残り物を温めなおしていれてもGoodですよ!

おうちでごはんさん

おうちでごはんさん

旧ブログのレシピも少しずつ追加しながら復旧しています。 最近URLの設定変更を触ったら、新しく取得状態になってしまいました。新規URLで見てください。ごめんなさい。