手作りバター&バターミルク 

よろこば

手作りバター&バターミルク
  1. 28
    おいしそう!

料理紹介

出来立てのフレッシュバターを、朝からパンにつけて食べるとちょっと贅沢な気分。
ハーブを混ぜ込んでハーブバターにしたり、お菓子の材料として使うこともできます。
バターの作り方だけでなく、保存法や期限、副産物であるバターミルクの用途、使用する生クリームの種類や、クリームと出来上がり量の関係も合わせてどうぞ。
ブログのほうには、更に“植物性クリームで作ったものがバターではない理由”も説明しています。

★材料

(3人分)

  • 生クリーム 35%以上のもの

    200ml

  • 塩(好みで)

    出来上がったバターの1~1.5%程度まで

★作り方

(5~15分)

  1. 1.

    生クリームをペットボトルやタッパーなどの容器に入れて振り続けるか、分離するまで泡だて器やハンドミキサーで水分が分離するまで攪拌し続ける
     →この時に出た水分がバターミルク(低脂肪乳)

  2. 2.

    スプーンの背などで水分を押し出しながらまとめ、水分と分ける(この時点で無塩バター)
     →出てきたバターミルクは捨てずに、飲んだり、お菓子作りや料理に使う

  3. 3.

    有塩バターにする場合はここでバターの重さを計り、1~1.5%程度の好みの塩分を練りこむ
     →最初から塩をまぜて降っても良いものの、バターミルクまで塩味になってしまうので、塩を混ぜ込むのはここで


  4. 4.

    密閉容器に入れ、冷蔵保存で当日中(酸化する前)に消費。
     →あまりの長期保存は風味が落ちるものの、小分けにしてラップなどでぴったりと包み、冷凍保存なら数週間可。

  5. 5.

    バターミルクは、低脂肪乳。
    そのまま飲むのはもちろん、スコーンやパイ生地の水分として使うと風味が増し、鶏肉を漬けこむと柔らかくなります。

★ワンポイントアドバイス

今回は動物性の、乳脂肪分48%の生クリームを使いました。
 脂肪分が高いほどすぐに泡立ち、分離しやすい傾向にあり、また量も高脂肪のものほどバターが出来る量も多くなってきますので(200mlだと少しの差ではありますが)、バター作りには 比較的高脂肪の生クリームがおすすめです。
 最低でも35%以上、できれば40%以上の動物性のクリームでどうぞ。
 動物性でないとバターにはなりません。
 また低脂肪でも出来ないことはありませんが、出来上がり量少なく、攪拌時間も長く必要になってきます。

★よろこばレシピ エピソード

「バターを作れるなんてすごい!」と作る過程を実験感覚で楽しんでくれて、出来上がったバターで料理をしてくれたり、パンに塗ると「美味しい!」と喜んでくれました♪

anさん

anさん

お菓子の型が大好きで、現在所有している数は750個。共同経営している珈琲専門店にてお菓子作り・企業のレシピ開発等を担当。自宅でも仕事でも、ほぼ毎日お菓子・パンを作り、日常の化粧品作りも趣味。食物栄養専攻卒。Ameba公式トップブロガー。