スペシャルアンバサダー レシピ&コラム かな姐さん
毎日お役立ち!かな姐さんが、ごはんがすすむ、お酒がすすむ簡単なスパイスレシピ&食卓の楽しみ方をご紹介!

【ポルトガル】ポークビンダルー

2021年12月 6日

こんにちは!かな姐です。

今月も世界のパーティー料理ということで、わたしが選んだのはポルトガル!

数年前に東京で、とある料理ライターさんにポルトガル料理のお店をご紹介していただいたことがあり、そこで初めてポルトガル料理というものと出会ったのですが、ポルトガルのお料理って日本人にとっても馴染みやすいんです!

どれも素材の味を生かしたお料理ばかりで、お魚料理や米、ジャガイモやトマトなどを使ったものも多く、使う食材が日本に似ているからかな?とも思われます。


さて今回ご紹介するのはインドのゴア地方がまだポルトガル領だったころ、ポルトガル人によって伝えられたお料理。

ポルトガルからインドまで航海の間に、肉が腐敗しないように塩やワイン、香味野菜などでマリネしたそうで、この豚肉のマリネが元となったのがこのポークビンダルー。

マリネした豚肉をトマトなどで煮込んだものなのですが、ポルトガル料理でよく使われるパプリカパウダーを使った酸味のあるカレーです。

豚肉はしっかりマリネすることで中まで味がしみ込むのはもちろん、ワインビネガーのおかげで驚くほどの柔らかさに。

さらにほどよい酸味としっかりとした旨味が奏でるハーモニーは、まさに大人のためのカレーとも言えます。

我が家はもう大人ばかりの家なのでしっかりとレッドペパーを使って、辛さを出してみましたが、辛いのが苦手な方はレッドペパーの量を減らすことで調整してくださいね。


2021112502.jpg


我が家ではここのところ、カレー粉の代わりに使うのがこのガラムマサラ。

ガラムマサラはとっても便利で、赤いカレーを作りたいときはこれにパプリカを足し、黄色いカレーを作りたいときはターメリックをプラス、というように使っています。

今回は赤のカレーなのでパプリカなんですが、添えるご飯の方にターメリックを加えて黄色にしてみたので、食卓が赤と黄色で華やかになりました。

気の置けないお友達とのランチ会にぜひおすすめしたい、ワンランク上のカレーです。


20211025.jpg



【ポークビンダルー】

材料(5人分)

・豚肉(肩ロース・ブロック) 900g

・玉ねぎ 2個(450g)

・サラダ油 大さじ2

・トマト缶(ダイスカット) 1缶

・水 400ml

A

・GABANガラムマサラ<パウダー> 大さじ2

・GABANパプリカ<パウダー> 大さじ1

・GABANレッドペパー<パウダー> 小さじ1/2〜1

・ニンニク、生姜(すりおろし) 各2かけ分

・塩 小さじ2

・白ワインビネガー 大さじ4


作り方

1)豚肉は3センチ角に切ってAを揉みこんで1時間ほどおいておく。

2)玉ねぎは1センチ角くらいに切り、鍋に油と共に入れて強火にかける。木べらでかき混ぜながらうっすらと茶色くなってくるまで加熱したら、1の豚肉を入れ、全体を絡めてトマト缶と水を入れる。

3)強火のまま煮たてて軽くあくをすくい、火を弱めて蓋を斜めにのせ、60分ほど煮込む。

4)味を見て、足りなければ少しずつ塩を足す。


2021112503.png


今回はターメリックライスを添えました。

作り方はこちらにあります↓


カルダモン香るターメリックライス


世界のパーティー料理、次回はどこへ旅するんでしょうか〜

楽しみ!



--------------------------------------------------------------------------------------

スパイスレシピや役立つ情報が満載♪☆スパイスブログTOPはコチラ>>

世界のスパイスを使ったパーティーレシピ検索はコチラ>>

井上かなえ(かな姐)さん

ブログのアクセス数は1日10万件を超える人気料理家。各メディア、商品開発、料理イベントなど多方面で活躍中。