炊飯器でおでん

炊飯器でおでん
  1. おいしそう!

料理紹介

炊飯器で煮込むおでんのレシピです。
下処理したら炊飯器で保温するだけです。
保温調理開始から、早ければ2〜3時間で食べられます。
だし作りから書いていますが、顆粒だしを使ってもOKです。その場合は、昆布を戻した戻し汁をつゆに使うと良いです。

保温調理でゆっくり煮込むので、朝仕込んで夜食べるなんて事も出来ます。
もちろん寝ている間に作って朝から日中に食べるのもありです。

5合炊き炊飯器を使ったので、5人前としておきました。

★材料

(5人以上分)

  • 【だし】水

    1.2リットル

  • 【だし】煮干し

    10尾ぐらい

  • 【だし】具に使う結び昆布

    全部

  • 【大根】大根

    1本

  • 【大根】米のとぎ汁

    必要量(無ければ米を大さじ1〜1.5杯ぐらい入れます。)

  • 【具】好みの具

    好み量

  • 【つゆ】きび糖(砂糖可)

    小さじ1

  • 【つゆ】みりん

    大さじ1

  • 【つゆ】薄口醤油

    大さじ1(無ければ通常の醤油の量を増やします)

  • 【つゆ】醤油

    大さじ1杯半(薄口醤油が無い場合は、大さじ2杯から味見をして決めてください)

  • 【つゆ】塩

    小さじ1/2(粗塩を使ったので、精製塩だとちょびっと多めでも良いかもです)

★作り方

(1時間以上)

  1. 1.

    【だし】-前編-だし作りの準備をします。

    ⑴煮干しの頭と腹わたを取り、手で裂いて2枚に分けます。これを10尾全部やります。だしパックに入れると後がラクですが、だしの出は少し悪くなります。

    ⑵鍋に水と⑴の煮干し、具に使う結び昆布を入れ、約1時間ぐらいおきます。その間に具の下準備をします。

    ※顆粒だしを使う場合は、煮干しを入れずに昆布を戻します。

  2. 2.

    【大根】大根の下茹でをします。

    ⑴大根は適当な厚さの輪切りにして、厚めに皮を剥きます。

    ⑵大根の中央に包丁を刺して切り込みを入れます。

    ⑶鍋に大根を入れ、大根がしっかりかぶるぐらい米のとぎ汁を入れます。無ければ水を入れて、米を入れます。

    ⑷大根に火が通るまで茹でます。

    ⑸茹で上がったらザルに取り、表面をさっと洗います。

  3. 3.

    【具】大根を茹でている間に、別の具を準備します。

    ⑴こんにゃく類は茹でて臭みを取ります。

    ⑵がんもやさつま揚げ類は、沸騰した湯に入れて油抜きをします。

    ⑶その他の材料は、必要に応じて包丁で切ったり、下茹でをしておきます。

  4. 4.

    【だし】-後編-

    ⑴ひとつだけ結び昆布を残して、他は全部取り除きます。具に使うのでとっておいてください。

    ⑵鍋を火にかけます。

    ⑶沸騰直前で、結び昆布と煮干しを取り除きます。だしパックに入れなかった場合は、炊飯器の内釜に直接濾し入れます。

  5. 5.

    【つゆ】

    ⑴だしを炊飯器の内釜に入れたら、つゆの材料を入れて混ぜます。

    ※顆粒だしを使った場合は、昆布の戻し汁に顆粒だしと、つゆの調味料を入れます。

  6. 6.

    【保温調理開始】

    ⑴つゆが入った内釜に、大根とその他の材料を入れ、炊飯器に入れたら2人を閉め、保温ボタンを押します。

    ⑵大根につゆの味が染みたら食べられます。

★ワンポイントアドバイス

がんもやさつま揚げは、油抜きをしないとつゆに苦味がでます。

保温調理なので、ウィンナーを入れてもパリッと仕上がるし、牛すじ等肉類も柔らかくできやすいです。
はんぺんのようなものは、食べる時間を考えて後入れしても良いですし、すぐに食べるなら先に入れても。

Makoさん

Makoさん

【お知らせ】ブログに利用しているWPの不具合により、データを別URLに移しています。 当分は、投稿レシピ側にデータを入れて行き、ブログ記事の取得を中止します。お気に入りに入れてくださった方、申し訳ありませんが、投稿レシピを見つけて、再度お願いします。 作ってみたら美味しかった。それが嬉しいので、料理を頑張っています。 1人〜2人分で料理メモを残しています。 必要人数分増やして下さい。