【大葉(青しそ)の佃煮】夏の収穫 ご飯が進む保存食

【大葉(青しそ)の佃煮】夏の収穫 ご飯が進む保存食
  1. 124
    おいしそう!

料理紹介

こぼれ種から 毎年食べきれないくらい大量の大葉が採れます。一枚も捨てることなく使い切りたいから、佃煮にして一年中食べています。ご飯のおともに ぴったりです。

★材料

(5人以上分)

  • 大葉(青しそ)

    200枚

  • みりん

    大さじ3

  • 砂糖(できれば ざらめ)

    大さじ2

  • 醤油

    50㏄

  • だし醤油(牡蠣醤油、めんつゆなどでも)

    50㏄

  • 日本酒

    大さじ1

  • 白ごま

    大さじ3

  • かつお削り節

    小袋 1パック

★作り方

(15~30分)

  1. 1.

    大葉を洗って水気を取ります。かなりの量です!

  2. 2.

    たっぷりの熱湯で、大葉をそのまま切らずに湯がきます。

  3. 3.

    ザルに上げ、冷水をかけて冷まし、
    手で絞って水気を取ります。を細く千切りにします。

  4. 4.

    鍋に大葉を入れ、調味料、ごま、かつお削り節を加え、火にかけて、ことこと 煮ます。

  5. 5.

    水気が無くなってきたらできあがりです。
    当日より、翌日から味が馴染んでおいしいです。
    冷蔵庫で長期保存できます。

★ワンポイントアドバイス

まるで「紫蘇昆布の味!」
ご飯が進みます。お茶漬けや お弁当、おにぎりにも!大量の大葉が、びっくりするくらいかさが減ります。
焦がさないように気をつけてください。

Little Darling (佐々木 美恵)さん

Little Darling (佐々木 美恵)さん

広島市出身、在米30年。和食が一番好き。和食を中心に、世界中の料理を楽しんでいます。マサチューセッツ州での生活を経て、テキサス州ダラス市郊外在住。日本語タウン情報誌「いろは瓦版」で16年間コラムを書いています。 https://www.instagram.com/littledarling_cooking/ アメリカの味、生活情報など 毎日の暮らしもお届けします。