あめ色玉ねぎとローズマリーのマフィン 

よろこば

あめ色玉ねぎとローズマリーのマフィン
  1. おいしそう!

料理紹介

玉ねぎの独特な香り「硫化アリル」には神経を落ち着かせる働きがあります。
相性の良いじゃが芋と一緒にローズマリーの風味をプラスした大人も大満足のおかずマフィンです。

★材料

(4人分)

  • じゃが芋

    1個(100g)

  • 玉ねぎ

    1個(200g)

  • ローズマリー

    2本

  • とろけるチーズ

    30g

  • オリーブ油

    大さじ1

  • (A)卵

    1個

  • (A)豆乳

    80g

  • (B)薄力粉

    100g

  • (B)ベーキングパウダー

    小さじ1

  • (B)塩

    小さじ1/2

★作り方

(30分~1時間)

  1. 1.

    じゃが芋は4等分に切って茹でる。
    粗熱が取れたら皮を剥き、マッシャーでつぶす。

  2. 2.

    玉ねぎは長さ半分の薄切りにする。
    フライパンにオリーブオイルをひき玉ねぎを飴色になるまで炒める。

  3. 3.

    (A)と(1)のつぶしたじゃが芋を混ぜ合わせ合わせる。

  4. 4.

    (3)にふるっておいた(B)をすこしずつ加え、さらに(2)の玉ねぎ、チーズ、ローズマリーを加えてさっと混ぜ、カップに流し入れる。

  5. 5.

    180℃に予熱しておいたオーブンで20~25分焼く。

★ワンポイントアドバイス

あめ色玉ねぎのコクとチーズのほどよい塩気がワインとも相性抜群です。
根気よく、45分以上炒めるとコクがUPするのでお時間ある方はお試しを!
ローズマリーは指で強めにつまみながら入れると、香りが出やすくなります。

★よろこばレシピ エピソード

ローズマリーのかおりがいいと喜んで頂きました!

柴田真希さん

柴田真希さん

女子栄養大学短期大学部卒業後、集団給食、栄養カウンセリング、お惣菜の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。 27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。 現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムの掲載、食品メーカーのコンサルや飲食店のプロデュースなどを手がける。