大粒雑穀(大麦、はと麦、高きび、そばの実)の調理法

大粒雑穀(大麦、はと麦、高きび、そばの実)の調理法
  1. 3
    おいしそう!

料理紹介

わたしがオススメする雑穀を「ごはんに炊く」だけでない「おかず」としてつかう雑穀料理。
事前に炊いた(茹でた)ものを使うことが多いのですが、その調理法をご説明します!

★材料

(5人以上分)

  • 雑穀(大麦、はと麦、高きび、そばの実)

    1合

  • 200cc~250cc

★作り方

(1時間以上)

  1. 1.

    雑穀をボウルに入れて、1~2回さっと洗う。
    (網目の細かいざるや、茶こしなどを利用して流れないように注意する。)

  2. 2.

    30分以上浸水させる。

  3. 3.

    鍋に(1)の雑穀と水を入れて強火にかける。
    沸騰したら弱火にし、火をかけてから合計15~20分程度加熱したら火を止める。

  4. 4.

    ※水加減に幅をもたせてありますが、少なめだとぱらっと、多めだととろっとした食感になります。
    ※炊き上がりは2~2.5倍くらいに増えます。
    ※ぱらっとした食感で仕上げ、再度料理する際に水を加えてとろっとさせることも可能です。

  5. 5.

    ※雑穀の種類や季節、鍋の性質、火加減によっても食感が異なります。
    ご自身のお好きな状態に調整してください。
    ※途中で焦げ臭がしたら火を止めてください。(火が強すぎるか、水加減が少ないため次は加減して炊きましょう。)

  6. 6.

    ※うまく炊けない方は(2)で浸水した後、炊飯器で通常炊きにして炊くこともできます。

  7. 7.

    ★1合分ではちょっと多い・・・ 初心者さんでもカンタンに始められる茹で方★
    【材料】
    雑穀・・・好きな分量

  8. 8.

    【炊き方】
    (1)雑穀をボウルに入れて、1~2回さっと洗う。
    (網目の細かいざるや、茶こしなどを利用して流れないように注意する。)
    (2)30分以上浸水させる。

  9. 9.

    (3))鍋に湯をわかし、雑穀を入れて15~20分程度茹でる。
    (4)網目の細かいざるや、茶こしなどを使って水気を切る。

★ワンポイントアドバイス

※写真の画像は土鍋は高きび、炊飯器はきび使用しています。
調理する際の参考にしてください。

※鍋は土鍋を使用していますが、普通の鍋でもできます。

※メイン画像は「高きび」を炊いたものです。

柴田真希さん

柴田真希さん

女子栄養大学短期大学部卒業後、集団給食、栄養カウンセリング、お惣菜の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。 27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。 現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムの掲載、食品メーカーのコンサルや飲食店のプロデュースなどを手がける。