なすと油揚げのラザニア風

なすと油揚げのラザニア風
  1. 11
    おいしそう!

料理紹介

ラザニア生地の代わりに油揚げを使い、レンジでできるトマトソースと重ねてラザニア風に。
油揚げは、上の層はカリッと、下の層はトマトソースとなすの旨味がじゅわーっとなって、どちらもおいしいです。
たっぷりのなすのおかげで、ヘルシーなのに食べごたえも十分。
ぜひあっつあつを食べてください。

★材料

(4人分)

  • なす

    大1本

  • 油揚げ

    2枚

  • トマト(熟したもの)

    大1個

  • 玉ねぎ

    1/2個

  • ◎オリーブオイル

    大さじ1

  • ◎砂糖

    大さじ1/2

  • ◎塩 

    ひとつまみ

  • ◎コンソメスープの素

    ひとつまみ

  • ケチャップ

    小さじ1弱

  • ウスターソース

    小さじ1弱

  • ピザ用チーズ

    適量

★作り方

(30分~1時間)

  1. 1.

    トマトソースをつくる。
    トマトは皮を湯剥きしてみじんぎりにし、玉ねぎもみじんぎりにする。
    ボウルにトマト(汁ごと)と玉ねぎと◎を入れて、軽く混ぜたら、ふんわりラップをして、レンジで5分ほどチンする。
    取り出して混ぜたらケチャップとウスターソースを加えて混ぜ、ラップをせずに1分チンする。取り出して混ぜたらできあがり。

  2. 2.

    なすは5ミリ幅くらいの斜め薄切りにする。油揚げは、一枚は中を開いて広げ(多少破れても問題なし)、縦横3センチくらいの大きさに切る。もう一枚は開かずにそのままの厚さで、同じくらいの大きさに切る。

  3. 3.

    グラタン皿に、オリーブオイル少量(分量外)をたらーっとしき、なす半量を敷き詰め、その上にトマトソース半量、チーズ、油揚げ1枚分(開いていない方)を重ねる。
    その上にまた同じように、残りのなす、トマトソース、チーズ、油揚げ(開いた方)と重ね、最後にチーズをたっぷり乗せる。

  4. 4.

    200℃に余熱したオーブンで25分ほど焼く。表面のチーズがきつね色に焼けたらできあがり。
    仕上げに、あればパセリのみじん切りと粉チーズをふりかける。

★ワンポイントアドバイス

油揚げは、上の層はカリッと、下の層はじゅわ~っとしたいので、上の層だけ中を開いて薄くしています。おいなりさんみたいに中に何か詰めるわけではないので、破れても問題なし。
でも開くのがめんどうだったら、二枚ともそのままでもオッケーですよー。

のらさん

のらさん

二人の娘(2歳と0歳)の子育て中です。ぱぱっと簡単にできる料理のレシピや、日々のあれこれを「なはんぱえる日記」につづっています。 「今日の晩ごはん何つくろっかなー」とお考え中の方のお役に立てたら、もしくは、にやっと笑って帰っていただけるとうれしいです。