蕗の葉で竹の子&蕗入りドルマ 

よろこば

蕗の葉で竹の子&蕗入りドルマ
  1. 2
    おいしそう!

料理紹介

ロシアにいたときは葡萄の葉の代わりにМать-и-мачеха(マーチマーチハ/フキタンポポ)を使用していましたが、日本へ戻ったので春の味覚若い蕗の葉で日本らしいドルマを作りました。

★材料

(2人分)

  • 蕗の葉

    50枚

  • 竹の子

    1/2本

  • 玉葱

    1個

  • 人参小

    1本

  • 蕗(細いもの)

    20本

  • 鶏胸肉

    1/2枚

  • 鶏腿肉

    1枚

  • 小匙1/2〜

  • 植物油

    大匙1

  • 野菜ブイヨン

    100ml

★作り方

(30分~1時間)

  1. 1.

    竹の子から鶏腿肉までを微塵切りにする。

  2. 2.

    1のみじん切りにした材料と塩を良く混ぜ合わせる。

  3. 3.

    蕗の葉に2の中身を乗せ包む。
    包んだ物から鍋に並べてく。

  4. 4.

    全て包み並べ終わったら油を回しかけ、野菜スープを入れ蓋をし火にかける。
    沸騰したら極弱火にし蓋をして葉が柔らかくなるまで煮る。
    最後に味を見て塩味を整え完成です。

★ワンポイントアドバイス

蕗の葉は茎の近くで硬い部分を薄く削ぐ様に切ると巻きやすくなります。
今回は極細い蕗(筋を取ったりする必要の無いもの)を利用しています。
野菜スープに薄く塩味が付いていたので餡に入れる塩は少量にしています。

★よろこばレシピ エピソード

日本の春の味覚が入ったさっぱり味のドルマが仕上り喜ばれました。

越後屋さん

越後屋さん

ロシア料理と言われて何を思い浮かべますか? ロシア(シベリア)の人は森の民、森の恵みを最大限生活へいかしています 夏は+40度越え冬は氷点下50度以下の村で8年ちょっと帯同駐在していました。 帰任した現在はロシア人から教わって、ごちそうになってただいま大地の味を忘れない様日本で作っています。 広い国土のロシア、旧ソ連地域の料理も時おり登場します。