赤カブの千枚漬け

赤カブの千枚漬け
  1. 2
    おいしそう!

料理紹介

京都産赤カブをスライサーを使って千枚漬け仕様に。葉も茎も一緒に漬け込んだので、普通とは違う美味しいものが出来るのじゃないかな。最低1週間は漬け込むつもり。

★材料

  • 京都産赤カブ(葉付きのもの)

    中・2株

  • 岩塩

    適量

  • 鷹の爪

    6本前後

  • 切り出し昆布

    適量

  • 漬け液(以下の*のもの)

    適量

  • *穀物酢

    150ml

  • *みりん

    20ml

  • *焼酎

    20ml

  • *砂糖

    大さじ1

★作り方

(30分~1時間)

  1. 1.

    赤カブを株と葉・茎に切り分け、良く水洗いし、2日ほど天日干しする。(これは調理時間には含まない)

  2. 2.

    葉と茎は3cm程度、株は縦半分に切り、株をスライサーで薄く横方向にスライスする。

  3. 3.

    タッパーにまず葉と茎を敷き詰め、その上に塩を適量振る。鷹の爪を2本ほど載せておく。

  4. 4.

    その上にスライスした赤カブを順番に並べていく。1段ごとに少しの塩を振る。数段ごとに鷹の爪と切り出し昆布を入れる。

  5. 5.

    この作業を繰り返し、赤カブのスライスが配置し終われば、漬け液を回し入れる。

  6. 6.

    最低1週間寝かせて、完成。

★ワンポイントアドバイス

カブは横方向に切る方が美味しいらしい。丸のままスライス出来れば良いのだけれど、家庭用のスライサーでは縦半分に切らないと無理。ぼくは下漬けや重しはしないので、最低1週間は寝かせる。

Aranjuezさん

Aranjuezさん

邪魔くさがりだけど、美味しいものは大好き。 最近は自分で作るのも楽しいので、手間がかからずに美味しいものを模索中。 ノン・オイル・フライヤーとホットサンドメーカーを活用中。それに加えて、スキレット&鉄パンも最近は愛用中。