お夜食に。梅ときのこの混ぜごはん

お夜食に。梅ときのこの混ぜごはん
  1. 1
    おいしそう!

料理紹介

食欲の秋到来!きのこと梅でさっぱりとした混ぜごはんです。
習い事や部活前のおにぎりに、勉強をがんばる受験生に、OLさんの小腹みたしに、彼やお父さんのお夜食に。アレンジがきくごはんです。

★材料

(2人分)

  • 白米

    1合

  • しめじ

    1/2株

  • 梅肉(梅干し)

    中3粒(お好みで)

  • 鶏もも肉

    80g

  • 水菜

    30g

  • 塩・しょうゆ・酒

    少々

  • 出汁/和風だしの素

    50cc

★作り方

(15~30分)

  1. 1.

    ごはんを炊きます。少し硬めに炊くといいかもしれません。

  2. 2.

    だし汁に、一口大に切った鶏もも肉、しめじを加え火が通ってきたら、塩・しょうゆ・お酒を入れて一煮立ちさせます。

  3. 3.

    水菜は水にさらして、シャキシャキに。
    梅干しは種を取り除いて、たたいて梅肉にします。

  4. 4.

    ボールに2・3を合わせ、炊いたごはんと混ぜればできあがり♪

★ワンポイントアドバイス

鶏肉を煮る時は、灰汁がでるので取り除くとおいしくできます。お醤油は控え目に、ほんのり色づく程度だと、梅の味が生きてきます。

お夜食の時には、お茶漬けにしてもおいしいです。

Fumiさん

Fumiさん

食の旅リポーターを夢見る、ずぼらOLです。 ひとり暮らしを始めた大学生の時から、「人とごはんを食べる」ことを大事にしてきました。 多忙な都会生活から、和歌山に。 時間ができたこと、そして自然に恵まれ、おいしい野菜に出会うことで身体と食とキチンと向き合う大切さにさらに気付きました。 ずぼらな性格なので簡単に、でもおいしい時間とやさしい思いをを“わかちあう”レシピを紹介します。