さんまと新生姜の土鍋炊き込ごはん 

よろこば

さんまと新生姜の土鍋炊き込ごはん
  1. 1
    おいしそう!

料理紹介

さんまをフライパンでグリルして、土鍋で炊き上げる炊き込みご飯。もちろん炊飯器でも美味しくできます。

【下ごしらえ】
さんまは内臓を抜き、お腹を軽く水洗いし、半分の長さに切っておく。
米を研いで30分水につけて、水からあげてザルに移しておく。
ショウガは細切りにする。
ゴボウは包丁の背で皮をむき、ささがきにする。
人参は皮をむいて細切りにする。
しめじ、まいたけは石突きを落として房に分ける
すだちは2~3mm幅にスライスする。
ねぎは小口切りにしておく。もちろんパック入りの刻みネギでも可。
フライパンの大きさに合わせてクッキングシートを切っておく。

[調味料]
薄口醤油
料理酒

みりん

※各適量

★材料

(5人以上分)

  • さんま

    3尾

  • ごぼう

    1本

  • 人参

    1/2本

  • すだち

    1個

  • 新生姜

    1片

  • しめじ

    1/2パック

  • まいたけ

    1パック

  • ねぎ

    1束

  • 4合

  • 米と同量

★作り方

(1時間以上)

  1. 1.

    フライパンにクッキングシートを敷き、さんまを並べ、時々箸で動かしつつ中火で焼く。

  2. 2.

    片面が焼けたら、ひっくり返して同様に焼く。

  3. 3.

    土鍋に米を入れ、米と同量の水と調味料を加え、ゴボウと人参を入れ軽く混ぜ、さんまを乗せ、すき間にキノコを入れる。

  4. 4.

    土鍋にフタをして、15分ほど中火にかける。シューシューと湯気が噴き出し始めて、納まり、湯気が出なくなり、香ばしい香りがしてきたら火を止めるタイミング。

  5. 5.

    火を止めて30分以上蒸らす。フタを開け、新生姜、すだち、ネギを散らし、さんまの頭と中骨を取って、ごはん全体を混ぜれば、さんまと新生姜の土鍋炊き込ごはんの完成です。

★ワンポイントアドバイス

クッキングシートで魚を焼く時には、魚を時々動かすとくっ付きません。
炊飯器でも、もちろん大丈夫です。

★よろこばレシピ エピソード

秋の味覚の定番さんまのちょっと違った食べ方に喜ばれました!

まちけい食堂さん

まちけい食堂さん

めしデザイナーとグルメライターによる、料理ユニット、まちけい食堂です。よろしくお願いします!