いわしの梅巻きロールとみかんの甘酢柚子胡椒

いわしの梅巻きロールとみかんの甘酢柚子胡椒
  1. 1
    おいしそう!

料理紹介

いわしの開きを朝食向けの焼き魚にしてみました。かぶりついて食べられる美味しい焼き魚です。

焼かれて熱くなった梅を食べるので、梅干しダイエット効果もありです。

みかんの甘酢柚子胡椒は、和え物として考えましたが、柚子胡椒が沈んでしまうみたいなんです。
食べる直前に甘酢を作ってかけて食べるのが良いみたいです。

※1人分で書いているので、必要人数分足してください。

★材料

(1人分)

  • 【いわしの梅巻きロールの材料】

    1尾分

  • [A]水

    大さじ2

  • [A]みりん

    小さじ1

  • 梅干し

    少〜中1個

  • 大葉

    1枚

  • [道具]竹串

    1本

  • [道具]アルミホイル

    少々

  • 【みかんの甘酢柚子胡椒の材料】

    1人分

  • みかん

    1/2個

  • きゅうり

    1/3〜1/2本

  • ラディッシュ

    1個

  • からし菜

    小房1把

  • [B]酢又はワインビネガー(どちらでも良い)

    大さじ1.5

  • [B]きび糖(砂糖可)

    大さじ1

  • [B]みかん果汁

    1〜2房分

  • [B]塩

    少々

  • [B]柚子胡椒

    小さじ1/2

  • [B]だし汁(入れなくても良いですが、野菜用の甘酢なので、好みで味をみながら入れてください)

    大さじ1/4〜1/2

★作り方

(15~30分)

  1. 1.

    【いわしの梅巻きロールの作り方】

    1.バットや皿等、いわしを寝かせられるサイズの平たい容器に、[A]を混ぜて入れます。その液がいわしの皮が浸かるように、いわしを入れます。

    2.大葉を細切りにして水にさらします。

    3.梅干しの種を取り、包丁で叩いてペースト状にします。

    4.液につけたいわしを取り出して、身の方に3の梅干しを塗ります。あまり多いと酸っぱいので、やや薄めで良いです。

    5.水にさらした大葉を、キッチンペーパー等で水気を取り、梅干しを塗ったいわしの身の上に散りばめます。

    6.いわしの尾と反対側からクルクルといわしを巻いて、竹串で、竹串を刺した穴が目立たないように止めます。

    7.いわしの身から外に飛び出ている竹串は、いわしを焼く時に燃えてしまうので、アルミホイルで覆います。

    ※これは、いわしの身の滑り止め効果もあるので、いわしの形を整えながら行います。

    8.余熱したオーブントースターか、魚焼きグリルで焼きます。

    ※トースターは中か弱で5〜10分です。

    9.焼きあがったいわしから、アルミホイルと竹串を取って、皿に盛りつけます。

  2. 2.

    【みかんの甘酢柚子胡椒の作り方】

    1.きゅうりをスライスして塩をふり、少ししんなりさせておきます。

    2.ラディッシュは薄くスライスして水に晒します。

    3.みかんは皮を剥いた後、房についた白い筋を取ります。房の中心部側(薄い方)を包丁で切り落とし、そこから房の皮を剥いて果肉だけにします。

    4.からし菜を食べ良いサイズにざく切りにします。

    5.きゅうりとラディッシュの水気を切り、3のみかん、4のからし菜と混ぜます。

    6.食べる直前に[B]を混ぜ合わせて、5の材料を和えるか、器に盛りつけてから[B]をかけて食べます。

★ワンポイントアドバイス

開いたいわしは、それほど焼き目がついていなくてもすぐ火が通ります。

中骨をきちんと取ってあれば、小骨は気にしなくても食べられますが、大きめのいわしの場合は、小骨を取ってください。

みかんの甘酢柚子胡椒の野菜は、レタスとオニオンスライスも合うと思います。

おうちでごはんさん

おうちでごはんさん

旧ブログのレシピも少しずつ追加しながら復旧しています。 最近URLの設定変更を触ったら、新しく取得状態になってしまいました。新規URLで見てください。ごめんなさい。