おうちで本格バターケーキ、プレーンタイプ

おうちで本格バターケーキ、プレーンタイプ
  1. 36
    おいしそう!

料理紹介

いつも作っているバターケーキのレシピです。雑な作業しかできない私は単純工程しかできないので、きっとどなたにでも再現して頂けるかと思います・・・おうちで本格的にできるバターケーキです。

準備が大変、めんどくさ~な方は、私のように、前日までに粉類、バターなどを計量して袋に分けて入れておくと便利です。
型にオーブンシートも敷いておけば当日は超時短!

★材料

(5人以上分)

  • 無塩バター

    100g

  • 砂糖

    100g

  • 薄力粉

    100g

  • ベーキングパウダー

    小さじ1/2

  • 2個

★作り方

(30分~1時間)

  1. 1.

    型にオーブンシートを敷いておく。
    オーブンは190℃に予熱する。

  2. 2.

    無塩バターは指がむにゅっと入る程度に柔らかくしておきます。柔らかくしすぎないように注意です。春は室温にしばらく放置、が一番無難かと。
    薄力粉はベーキングパウダーとあわせて一回以上ふるっておく。
    卵は泡立てすぎない程度に混ぜておく。

  3. 3.

    ボウルに無塩バターを入れて電動ミキサーで練る。砂糖を3回くらいに分けてすり混ぜる。しっかり空気を含ませて入れ込むイメージで。ふわふわのバタークリーム状になります

  4. 4.

    卵を3回くらいに分けて混ぜていく。

    ミキサーのスピードを上げておき、空気を含ませながらふんわりと、
    かつ分離しないようにしっかり混ぜ込む。分離が目立つかも・・・という場合はふるっておいた粉を大さじ2くらいずつ一緒に混ぜる。あまりにもボロボロでドロついてきた、という場合は卵を加えるのをここでやめます。

    卵0.3個分くらいは入れなくても大差ないです。

  5. 5.

    ミキサーをやめ、ヘラに持ち替え、ふるっておいた粉類を全部加える。
    ヘラを、生地に対して垂直かやや斜めに入れながら大きく混ぜる。
    ここでヘラを横にしたり練ってしまうと膨らみが悪くなります。
    ねっちりしてきますが、根気よく、かつ練らないようにヘラを縦に、を意識して続け、ボウルのふちについた生地もまとめていき、ふんわり弾力のある生地にする。

  6. 6.

    型の7~8分目まで生地を入れ、四隅にもしっかり生地を送り込む。
    オーブンシートがズレて生地が入れにくい場合は生地を少しとり、ノリの代わりにしてオーブンシートを型に貼りつけてから生地を入れます。

    190℃のオーブンで15分焼く。

  7. 7.

    15分経ったらオーブンの窓を開け、お食事ナイフ等で生地のトップにタテ一直線に切り込みをさーっといれる。ヤケドに注意!

    すぐに窓を閉め、再び190℃で20~25分焼く。

    竹串などを中央に刺し、生の生地がついてこなければOKです。

  8. 8.

    ※切り込みを入れなくても綺麗に膨らみますが、見た目重視の場合は切り込みがある方が美味しそうには見えるかも。

    切り込みを入れない場合はそのまま窓を開けずに、最初から190℃で30~35分焼成してください。30分以降は焦げないように注意です。

    1~2分置いてから型からはずし、下が網目のものなどにオーブンシートごと乗せてしっかり冷ます。

★ワンポイントアドバイス

ブログの方には画像多めで解説していますので参考になさって下さい。
一晩熟成させてなじませると生地の風味がしっかり効いてきます。
この空気のポコポコが気になる方はトントンと空気を抜いて焼成してくださいね~

★よろこばレシピ エピソード

最近では姪っ子の合格祝いにお贈りしました。家族全員で美味しく食べてもらえたようです。

えつこさん

えつこさん

屋号の「カフェKS」は、クスっと笑えるほどに簡単なレシピ、カフェのような居心地の良いおうちを目指してと、名前をもじって付けました。レシピを読んで理解するのが苦手でほぼ自力でレシピを組みます。完成したレシピは体感で作っているのが多いです。 材料1つだけで作るおかずは、「作り置きを作る時間がない」という極限状態の発想から生まれています。