バレンタイン☆鬼滅の刃風、麻の葉柄のピンクのケーキ 

よろこば

バレンタイン☆鬼滅の刃風、麻の葉柄のピンクのケーキ
  1. 2
    おいしそう!

料理紹介

流行の柄の簡単デコレーションの仕方です。クリスマスや記念日などに活用下さい。スポンジケーキ生地はhttps://www.recipe-blog.jp/mypage/recipe/detail/1500606 一般家庭のスポンジケーキ生地材料費30円台?を参照下さい。

★材料

(4人分)

  • 15㎝丸形スポンジケーキ生地

    1台

  • 生クリーム(35%)

    100g

  • 生クリーム(45%)

    150g

  • グラニュー糖

    大さじ2.5

  • バニラエッセンス

    少々

  • フルーツ缶

    半分(シロップも)

  • チョコペン赤

    2本

  • カラージェル

    ピンク

★作り方

(30分~1時間)

  1. 1.

    飾りを作る。チョコペン赤を湯煎し、十分柔らかくしておく。
    下絵は型より5ミリほど内側に小さくとる。下絵にラップを乗せ、下に小さな板などを置いてずれないようにして、
    線にそってチョコペンで図柄を描く。冷蔵庫で固める。

  2. 2.

    フルーツ缶からフルーツを出し、小さく刻み、水気をきっておく。シロップは少量とっておく。
    生クリーム(分量外、脂肪分35%)を小皿に小さじ2ほど入れ、
    ピンクのカラージェルを数滴加えて混ぜ、色を発色させておく。

  3. 3.

    クリームを作る。デコレーション用は硬めに作る。
    脂肪分45%(47%でも可)の生クリーム150g、砂糖大さじ1.5、バニラエッセンス一滴をボールに入れて、ハンドミキサーで泡立て、6分立て(かなりゆるめ)くらいになったら1で作った色素を加えていき、好みの色になるまでヘラかハンドミキサーの低速で手早く混ぜる。最終的に8分立てにする。
    半分にわけ、片方は口金つきの絞り袋に入れて冷蔵庫に置いておく。

  4. 4.

    ナッペ(周りをコーティングする)用はゆるめに作る。
    脂肪分35%の生クリームに砂糖大さじ1、バニラエッセンス一滴を加えてハンドミキサーで泡立て、6分立てになったら1で作った色素を加え、好みの色になるまでヘラかハンドミキサーの低速で手早く混ぜる。最終的に7分立てにする。

  5. 5.

    ケーキを2~3枚にスライスし、クリームを乗せる面にフルーツ缶のシロップを軽くハケで塗る。
    脂肪分45%のクリームを薄めに塗り、フルーツを散らし、クリームでコーティングし、スポンジを乗せ、繰り返す。

  6. 6.

    表面を35%のクリームでコーティング(ナッペ)する。
    ケーキの上にぽてっとクリームを乗せ、パレットナイフで広げて、側面に落ちたクリームをならす。
    ナイフを綺麗にしながら側面にも足して塗っていき、最後に上を平らにならす。冷蔵庫でしばらく置いて安定させる。

  7. 7.

    ケーキの上に、チョコペンで作った飾りを乗せ、周囲に45%のクリームでデコレーションする。
    しずくをイメージすると絞りやすい。下にも同様に周囲に絞る。完成。

  8. 8.

    ※色素をつける際、生クリームはかなりゆるめの状態で行って下さい。すぐに硬くなってしまいます。

★ワンポイントアドバイス

植物性ではなく動物性の生クリームで作っています。デコ用は47%でもできます。カラージェルはウィルトンのものを使用、1個から通販で買えますよ。フルーツ缶は缶ではなくパックを使っています。
飾りの和柄は細かいものではなく大きめのデザインの方が描きやすいです。
口金はお好みのものを使って下さい。百均にもある星形は画像の絞りよりやや小さいですが、同様にできます。
生クリームの泡立てに氷水を当てる場合もありますがすぐに立ってしまうので私はやりません。
お好きな段数で作って下さい。3枚スライスの場合は一段目はクリームだけ、などにしても安定すると思います。
フルーツが多いとズレやすくなります。

★よろこばレシピ エピソード

流行の柄のケーキなので喜ばれました。

えつこさん

えつこさん

屋号の「カフェKS」は、クスっと笑えるほどに簡単なレシピ、カフェのような居心地の良いおうちを目指してと、名前をもじって付けました。レシピを読んで理解するのが苦手でほぼ自力でレシピを組みます。完成したレシピは体感で作っているのが多いです。 材料1つだけで作るおかずは、「作り置きを作る時間がない」という極限状態の発想から生まれています。