【ミートローフ】アメリカのおふくろの味 

よろこば

【ミートローフ】アメリカのおふくろの味
  1. 36
    おいしそう!

料理紹介

60代前半に若くしてこの世を去ったオハイオの義母(ママ)の得意だった料理です。

ママは お料理が得意ではなかったので、スパイスを殆ど使わず、基本塩こしょう、ケチャップで味付けしていました。

私なりに試行錯誤を繰り返し、スパイスや調味料をプラスし、数年かけて完成したレシピです。作り方の手順は変えず、彼女の作るミートローフに必ず入っていたオートミールを忘れないように加えます。

アメリカのおふくろの味は、これからも我が家にずっと残していきたいと思っています。カンフォートフード。心も体も癒してくれる一品です。

★材料

(5人以上分)

  • 牛ひき肉

    450g

  • 豚ひき肉

    150g

  • 玉ねぎ

    1個

  • パセリ

    みじん切りしたもの 1/4カップ

  • パン粉

    1カップ

  • クイックオートミール

    120㏄

  • 牛乳 または 豆乳

    1/2 カップ

  • たまご

    2個

  • 市販のフライドオニオン または 乾燥オニオン

    1/3 カップ

  • シーズニングソルト

    小さじ2

  • ウスターソース(中濃でも)

    大さじ1

  • 市販のてりやきソース

    大さじ1

  • トマトソース

    120㏄

  • ホットソース

    小さじ1/2

  • トマトケチャップ

    80㏄

  • トマトソース

    60㏄

★作り方

(1時間以上)

  1. 1.

    玉ねぎは細かいみじん切りにし、パンは牛乳に浸しておく。

  2. 2.

    大きいボールに肉を加え、1とホットソースまでの材料すべてを加え手で良くもみこむようにして混ぜる。

  3. 3.

    粘り気がでるくらいまで混ぜたらローフ型に入れるか、耐熱皿に入れて、フリーハンドでナマコ型に成型する。

  4. 4.

    ソースの材料(トマトケチャップからスイートチリソースまで)をボールに入れ、スプーンで良く混ぜておく。半分の量をミートローフの上にまんべんなくなくかける。

  5. 5.

    華氏350度、摂氏180度に温めたオーブンで40分くらい焼いたところでローフ型から出し、残りのソースをかけて、さらに焼く。
    上から ぱらぱらと ドライオニオンをふりかける。
    ⁂注:型からひっくり返して出すとき肉汁が散ることがあるので、くれぐれも火傷をしないように気をつけて。
    型を使わず手で成型した場合は、そのまま上にソースをかける。

  6. 6.

    合計1時間くらい焼いたらできあがり。
    *中心に串をさして、透明な肉汁が上がったら中まで火が通っています。
    にんじんのグラッセやマッシュポテト、コーンポタージュを添えて 召し上がれ~

★ワンポイントアドバイス

好みでにんじん、ピーマン、セロリのみじん切りを、サラダオイルかバターで炒めたものをプラスしてもおいしいです。また 玉ねぎもハンバーグを作る要領で炒めても良いですが、炒めなくてもおいしくできます。

アメリカでは市販のフライドオニオンが売られていて、手元にあるととても便利です。無い場合は、乾燥オニオンで代用します。

ソースは ウスターソース、中濃ソース、お好みソース、どれでも使えます。照り焼きソースが無い場合は、だし醤油や甘めの醤油を加えても良いです。
スイートチリソースは 無くてもおいしく仕上がりますが加えることで より日本人の口にあった味になるような気がします。
タイ、中国、ベトナムなど、いろいろな国のものが販売されています。
自分でシーズニングソルトが作れます。しお、こしょう、セロリソルト、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、少量のパプリカと微量の砂糖とコーンスターチを瓶に入れて降り混ぜます。

★よろこばレシピ エピソード

亡き義母のミートローフです。夫が疲れている時、ストレスが溜まっている時、作ります。元気のため、笑顔のために。
今日も一日お疲れさま。明日も一緒に頑張りましょう!義母の懐かしい声が聞こえる気がします。

Little Darling (佐々木 美恵)さん

Little Darling (佐々木 美恵)さん

広島市出身、在米30年。和食が一番好き。和食を中心に、世界中の料理を楽しんでいます。マサチューセッツ州での生活を経て、テキサス州ダラス市郊外在住。日本語タウン情報誌「いろは瓦版」で16年間コラムを書いています。 https://www.instagram.com/littledarling_cooking/ アメリカの味、生活情報など 毎日の暮らしもお届けします。