水キムチ作りにハマる!生きて腸まで届く植物性乳酸菌の量がスゴイ

水キムチ作りにハマる!生きて腸まで届く植物性乳酸菌の量がスゴイ
  1. 9
    おいしそう!

料理紹介

「おなかにいいものを食べたい」

そう考えていろいろ調べているうちにたどり着いた「水キムチ」

韓国で日常的に作られているキムチの一種らしく、漬かった野菜と一緒につけ汁も飲んでしまうというもの。

水キムチはこの漬け汁がポイント!

漬け物には植物性の乳酸菌が豊富なのだけど、水キムチの乳酸菌の量はほかの漬け物と比べてダントツで、つけ汁にもたっぷり植物性乳酸菌が含まれているのです。
水キムチの植物性乳酸菌の量は、ぬかみそ漬けの約18倍、普通のキムチの約2倍。

なのに作り方は超簡単!

★材料

(2人分)

  • 生で食べられる野菜

    400g

  • 400cc

  • 小さじ2

  • 上新粉

    小さじ1

  • りんご

    1/2個

  • 生姜薄切り

    5枚

  • ニンニク薄切り

    2枚

  • 大さじ3

★作り方

(5~15分)

  1. 1.

    つけ汁の材料の水、塩、上新粉を鍋に入れて火にかけ、混ぜながら溶かして沸騰させる(混ぜてないと上新粉がダマになる)

  2. 2.

    火を止めて常温まで冷ます。

  3. 3.

    生で食べられる漬ける野菜を食べやすい大きさに切って、塩小さじ2(分量外)で軽くもんでしばらく置き、水気が出たら水で洗ってペーパータオルなどで水気をとる。

  4. 4.

    ②で作ったつけ汁にしょうがとニンニク、薄切りにしたリンゴ、酢を入れる。

  5. 5.

    つけ汁に④の野菜を漬けてラップをかけ、一日常温で置いたら出来上がり。冷蔵庫で保存して一週間くらいで食べきる。

★ワンポイントアドバイス

乳酸発酵させるので、使用する器具などはキレイなものを使ってください。
泡がぷくぷく出てくるまで室温に置いておくと、きちんと乳酸発酵出来てます。

こうへいたの母さん

こうへいたの母さん

美容と健康、おなかにいい!腸活レシピにハマっています ブログ→https://cyokatu.kouheita.com/