豆腐と水菜のとろとろ生姜あん

豆腐と水菜のとろとろ生姜あん
  1. 45
    おいしそう!

料理紹介

生姜を使ってカラダがぽかぽかになるさっぱり煮込み。
胃に優しい食材を使っているので、食べ過ぎた翌日にも。

★材料

(2人分)

  • 豆腐

    200g

  • 水菜

    1株(50g)

  • にんじん

    1/5本(30g)

  • (A)だし汁

    300cc

  • (A)酒、みりん

    各大さじ1

  • (A)薄口醤油

    小さじ1

  • (A)生姜のすりおろし

    小さじ1

  • (A)塩

    小さじ1/3

  • 水溶き片栗粉

    適量

  • ごま油

    適量

★作り方

(5~15分)

  1. 1.

    豆腐は水切りをする。
    水菜は4㎝位の長さに切り、にんじんは千切りにする。

  2. 2.

    鍋に(A)とにんじんを入れ火にかけ、豆腐をスプーンですくいながら入れる。

  3. 3.

    にんじんに火が通ったら、水菜を加え味を調える。
    水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油で風味づけする。

★ワンポイントアドバイス

生姜パワーで血行促進!
片栗粉でとろみをつけると冷めにくくなるだけでなく、少ない調味料でもしっかりと味を感じられるため、減塩効果も。

柴田真希さん

柴田真希さん

女子栄養大学短期大学部卒業後、集団給食、栄養カウンセリング、お惣菜の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。 27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。 現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムの掲載、食品メーカーのコンサルや飲食店のプロデュースなどを手がける。