たっぷりキャベツのタルタル海老フライ丼

たっぷりキャベツのタルタル海老フライ丼
  1. 1
    おいしそう!

料理紹介

多めに揚げた時の残り物や
出来合いの海老フライで作れる簡単ごちそう丼です。

見た目はカツ丼風ですが、下にはだし汁にさっとくぐらせた千切りキャベツが山ほど敷いてあります。

カリッとした衣にだし汁を含んだ
海老フライのおいしさはもちろん、
お出汁しみしみ、でも歯応えシャッキリなキャベツが
最高に美味♪

★材料

(2人分)

  • ご飯

    お茶碗2膳分

  • 海老フライ

    適量

  • キャベツの葉

    4~6枚

  • [A] 酒

    大さじ

  • [A] 味醂

    大さじ1

  • [A] 砂糖 (甜菜糖 または きび糖)

    小さじ1杯半

  • [B] だし汁 (かつおだし)

    200cc

  • [B] 醤油

    大さじ1

  • [B] 塩

    ひとつまみ

  • タルタルソース (今回は、胡瓜のピクルス・玉ねぎ・マヨネーズ・塩・胡椒・ イタリアンパセリのみじん切り入り)

    適宜

★作り方

(5~15分)

  1. 1.

    海老フライはトースターであたため、カリッとさせておく。
    キャベツは千切りにする。

  2. 2.

    鍋か少し深さのあるフライパンに[A]を煮立てて煮切り、
    続いて[B]も加える。

  3. 3.

    2. が再び煮立ったら海老フライと千切りキャベツを入れ、
    火を弱めて味を含ませる。

  4. 4.

    丼に盛ったご飯の上に 3. のキャベツと海老フライをのせ、
    お好みでタルタルソースを添えていただきます。

★ワンポイントアドバイス

◆キャベツは少し歯応えが残った方がおいしいので、
 やや太めの千切りにします。

◆タルタルソースを添えず、普通に卵でとじてもおいしいです。

庭乃桃さん

庭乃桃さん

料理・食文化研究家。女子栄養大学 食生活指導士。ご飯がすすむ毎日のおかずから、ひと鍋で作れる本格欧風料理、日本の食卓にもなじむスパイス&ハーブのレシピまで幅広くご紹介しています。 柏書房より、ヨーロッパの食と歴史をレシピと共に紹介した『おいしく世界史』発売中。2020年、EU(欧州連合)主宰「EU食材×日本食材 The Perfect Match」プロジェクトにて、レシピ開発全般を担当。