固形ルーを使うけど味は本格ビーフシチュー

固形ルーを使うけど味は本格ビーフシチュー
  1. 7
    おいしそう!

料理紹介

赤ワインに一晩漬け込んだお肉を弱火でじっくり煮たら、お箸できれるほどのやわらかさ。中濃ソースとケチャップ少々を加えたら固形ルーとは思えないおいしさに変身します。

★材料

(5人以上分)

  • Short Rib(骨つき)

    700〜800g

  • ジャガイモ

    中4〜5個

  • ボタンマッシュルーム

    1パック

  • 人参

    中1本

  • 玉ねぎ

    中2個

  • 赤ワイン

    200cc

  • 中濃ソース

    大さじ3〜4

  • ケチャップ

    大さじ1.5〜2

  • ローリエ

    1枚

  • バター

    15〜20g

  • ビーフシチュー

    1箱

★作り方

(1時間以上)

  1. 1.

    Short Ribの骨を外します。お肉は食べやすい大きさにカットします。煮込むと小さくなるので大きめに。

  2. 2.

    玉ねぎを千切りにしてお肉と赤ワインで一晩漬け込みます。

  3. 3.

    じゃがいも、人参は食べやすい大きさにカットします。

  4. 4.

    熱したフライパンに油を敷き、お肉がしっかりと色づくまで炒めます。そのあと玉ねぎを加えて炒めます。赤ワインは加えません。

  5. 5.

    お肉に焼き色がついたら、赤ワインと水(ひたひた)、Short Ribの骨、ローリエを加えて、弱火で1時間ほど煮込みます。

  6. 6.

    骨を取り除き、野菜、ひたひたになるまでお水を加えて、野菜が柔らかくなるまで煮ます。

  7. 7.

    野菜が柔らかくなったらルー、中濃ソース、ケチャップ、バターを加えて弱火でしばらく煮ます。
    味がなじんだら完成です。

★ワンポイントアドバイス

重いお鍋を使って弱火でコトコト煮ると、硬いお肉も驚くほど柔らかくなります。
時間がない場合は、お肉を一晩赤ワインにつけなくても大丈夫。

K.GOHANさん

K.GOHANさん

ロンドン在住10数年、和食&韓国料理が大好な夫と爆食娘たちのためお料理を日々研究。 食事が美味しくないと言われるイギリスで、ご自宅では「豊かで楽しい食卓」にしていただきたいと、料理教室を初めて10年。韓国料理、ごはんに合うお惣菜、デザートをご紹介しています。2020年はコロナの影響でお休みしていますが、お料理教室再開のときは、より一層楽しんでいただけるようこっそり頑張っています♪