里芋と蓮根の照り焼き風

里芋と蓮根の照り焼き風
  1. 31
    おいしそう!

料理紹介

里芋と蓮根を生のままフライパンでサクッと焼き、照り焼き風のタレを絡める料理です。根菜のシンプルな美味しさが、秋の夜長の晩酌にぴったりきます。

★材料

(2人分)

  • 里芋

    2個(150g)

  • 蓮根

    1節(200g)

  • 長ねぎ

    5cm

  • 大葉

    1枚

  • 一味唐辛子

    お好みで

  • 少々

  • ごま油

    大さじ1/2

  • A:しょう油

    小さじ4

  • A:みりん

    小さじ4

  • A:日本酒

    小さじ4

  • 砂糖

    小さじ2

★作り方

(15~30分)

  1. 1.

    里芋と蓮根は皮をむき、1cmの厚みに切ります。これを水にさっと晒し、晒したらキッチンペーパーで水気を吸い取ります。

  2. 2.

    長ねぎは縦に切り開き、細く切ってみずにさらして白髪葱にします。使う前に水気を絞ります。大葉は裏側を内側にして巻き(裏側の方が香りが強い)、端から細く刻んでおきます。

  3. 3.

    フライパンにごま油を入れて中火にかけます。熱くなったら1)の里芋と蓮根を入れ、フタをして3分ほど焼き目がつくまで焼きます。焼き目がついたら返して弱火にします。再びフタをして3~4分焼いて熱を通します。爪楊枝を刺してみて、すっと通るようならOKです。塩をほんの少し振って皿に小高く盛ります。

  4. 4.

    フライパンにAを入れて強火にかけます。フライパンを傾けてタレを回しながら沸騰させ、とろみが付くまで煮詰めます。フライパンを傾けてタレを回すことで焦げを防ぎます。泡が大きくなり、とろみが付いたら里芋と蓮根にかけます。お好みで一味唐辛子をふりかけ、大葉と白髪葱をちらします。

★ワンポイントアドバイス

蓮根はピーラーで皮をむくといいです。里芋はたわしで洗って泥を落とし、表面が乾燥してから剥くと剥きやすいです。

筋肉料理人さん

筋肉料理人さん

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です! 本名、藤吉和男。佐賀県鳥栖市在住。 料理ブロガー、YouTuber、料理研究家、ボランティア活動、レシピ本著者、雑多な活動をやりながら、ブログ、YouTube等を使い、簡単で美味しい魚料理、簡単レシピの作り方について説明しています。レシピ制作、スタイリング、撮影など承っております。