寒いお正月には、汁まで飲めるがめ煮(お節)(れんこん、里芋、鶏もも肉、ごぼう、人参、椎茸、

寒いお正月には、汁まで飲めるがめ煮(お節)(れんこん、里芋、鶏もも肉、ごぼう、人参、椎茸、
  1. おいしそう!

料理紹介

筑前煮とは?油で炒めたものを筑前煮というそうで、

油で炒めてないものが、がめ煮だそうです。

今回油で炒めてないので、がめ煮になります。

今回のがめ煮は重箱には一応入れますが、

お正月は雪がふって寒くなるので、

お節は温めたいです。

なので、汁多めにして、飲めるように作りました。

具だくさんになったので、全体に染み込ませるためにも汁多めで作りました。

汁がなくても十分染み込んで美味しいです。

汁も入れて温めて飲むがめ煮にしても美味しいです。

お好みです。

私は早めにがめ煮を作りましたので、

具と汁と別々にわけて、冷凍保存しています。

大量に作りましたので、2家族分、8人分くらいできました。

薄味ですので、1家族でたくさん食べても大丈夫です。

これはお正月太りしないです。

★材料

(5人以上分)

  • れんこん

    500g

  • 鶏もも肉

    400g

  • 里芋

    5個

  • 椎茸

    6個

  • ごぼう

    2本

  • 茹で絹さや(なくてもいいです)

    8枚

  • 醤油

    大さじ3

  • ほんだし

    大さじ2分の1

  • みりん

    大さじ2

  • 白だし

    大さじ2

  • 砂糖

    大さじ2

  • 700ml

  • 人参

    1本

★作り方

(15~30分)

  1. 1.

    れんこんは皮をむき、一口大に切る。

    鶏もも肉は一口大に切る。

    里芋は皮をむき、乱切りする。

    椎茸は4等分に切る。

    ごぼうは土を落とし、乱切りする。

    人参は皮をむき、乱切りする。

  2. 2.

    鍋に全ての材料を入れて、蓋をして、中火の弱火で25分煮る。

  3. 3.

    ②の具材を重箱に入れて、お好みで茹で絹さやをのせる。

★ワンポイントアドバイス

絹さやは別で1分ほど茹でました。絹さやはなくてもいいです。

このがめ煮は8人分はできますので、重箱に入れると2家族分はできます。

旨味汁があまりますので、飲むがめ煮にしたり、年越しそばにも使えます。

おなかがぺこりんさん

おなかがぺこりんさん

簡単に作れる節約レシピやダイエット料理が得意。釣りが好きで、たまに自身が釣った魚料理もブログで紹介しています。将来の夢は自身のレシピが雑誌に掲載されること、そして料理本を出版することです。