炭火で作る『たこしゃぶ』

炭火で作る『たこしゃぶ』
  1. 26
    おいしそう!

料理紹介

以前にカニしゃぶ用の『ズワイガニむき身ポーション(冷凍)』と一緒に北海道からお取り寄せした『たこしゃぶ(冷凍)』を食べました。
寒い季節のお鍋料理はいいですよね。炭火でしたら体の芯から温まり、たこもお野菜も旨味が凝縮されてまろやかで美味しいです。
お好みで、味ポンやゴマだれでお召し上がりください。
最後に、たこのおだしで美味しい雑炊・うどんと体の芯から温まります。

★材料

(2人分)

  • たこしゃぶ用のたこ

    300グラムくらい

  • 白菜

    4~5枚くらい

  • 生椎茸

    2枚くらい

  • にんじん

    2~3ミリ厚さで4枚くらい

  • 結び糸こんにゃく

    お好みで、2~4個

  • 白ネギ

    お好みで適量

  • しめじ

    お好みで適量

  • 水菜

    お好みで適量

  • だし昆布

    お好みで適量

★作り方

(15~30分)

  1. 1.

    お野菜を食べやすい大きさに切っておきます。

  2. 2.

    水とだし昆布が入った鍋に蓋をして熱くなった網にのせます。

  3. 3.

    水が沸騰してきたら、キノコ・野菜類を鍋に入れて蓋をします。

  4. 4.

    鍋がぐつぐつしてきたら、蓋を取ってたこしゃぶ用のたこを入れて火が通ったら食べ頃です。

★ワンポイントアドバイス

炭火でしたら、しゃぶしゃぶと直焼(網焼)の焼きたこも楽しめますので、一品で二度、違った食感と美味しさを味わうことができます。
北海道からの『お取り寄せ』は、送料なども高くなりますので、冷凍のものをいろいろと買っておくと北海道の味覚を満喫できますよ。

炭火グルメだんらんさん

炭火グルメだんらんさん

自分が手術・抗がん剤治療をして、『改めて炭火焼料理の美味しさを実感』しました。 特に、抗がん剤治療の副作用で食欲がない時は炭火焼料理に助けられました。 病気で療養して食欲がない方・抗がん剤の副作用で食べられない方に炭火焼料理を是非試して頂き、少しでも食べられることができればと思い『レシピブログ』を再開しました。 炭火焼料理は、五感を満足できる料理だと思います。