春色の三の香り✿白だし稲荷寿司

春色の三の香り✿白だし稲荷寿司
  1. 2
    おいしそう!

料理紹介

白だしが効いたお稲荷さんの揚げをビーツや抹茶などの天然色素を使って春色カラーに仕上げました。味は梅、青海苔、卵&ナッツです。
女子ばかりでなく、男子も食べるのが楽しみになる桃の節句のごちそうです。

★材料

(4人分)

  • 3合

  • @米酢

    大さじ4

  • @砂糖

    大さじ3

  • @塩

    小さじ1.5

  • 小揚げ

    6枚

  • ボローニャハム

    2枚

  • 胡瓜の皮部分

    少々

  • ★ヤマサ昆布つゆ 白だし

    大さじ1

  • ★みりん

    大さじ4

  • ★砂糖

    大さじ2

  • ★塩

    小さじ2/3

  • ★水

    大さじ3

  • ●卵

    2個

  • ●砂糖

    小さじ1

  • ●塩

    ひとつまみ

  • ●片栗粉+水

    各小さじ1/2

  • ○カシューナッツ(おつまみ用)

    8個

  • ▲生ビーツ(食紅微量でも可)

    4cm角

  • ▲水

    大さじ3ほど

  • △たたいた梅肉

    1個分

  • ◆抹茶

    小さじ2

  • ◆湯

    大さじ2

  • ◇青海苔

    大さじ1

★作り方

(1時間以上)

  1. 1.

    研いだ米を水切り30分後炊く
    @を混ぜ回しかけさくっと混ぜる
    半分に切った揚げを開き熱湯をかけ★で煮汁が減る迄煮る。
     

  2. 2.

    おろしたビーツに水を混ぜて通す
    その2/3を1の揚げ4枚と鍋に入れて煮詰める。他4枚の揚げに溶いた◆を入れ煮詰めます。 

  3. 3.

    残り4枚の揚げはそのまま使う。1/3量の酢飯にビーツ液の残りを回しかけ梅も混ぜる。●で薄焼き卵を作り半分は花形に抜く。 

  4. 4.

    次に卵、ハム、胡瓜の皮部分を花びら形に各4枚切る。残りの卵はみじん切りにして、刻んだナッツと共に1/3量の酢飯と混ぜる。

  5. 5.

    残り1/3量の酢飯に◇青海苔を混ぜ、切るようにさっくりと混ぜます。

  6. 6.

    揚げを軽く絞り、それぞれの酢飯を詰めます
    4で花形に切り抜いた卵とハムを横に添えます。
    花びらは稲荷にトッピングします。

  7. 7.

    生ビーツの色は鮮やか。おろして漉せば食材の着色に便利。
    食紅で代用出来ます。
    楊枝の先に少し付けて水に溶かして使います。

  8. 8.

    生のビーツをカットしたところです。
    ご参考まで♪

★ワンポイントアドバイス

小揚げは、ある程度柔らかく煮てほぼ煮汁がなくなったら、色ごとに分けて煮ます。
きれいな色に仕上げるため、お醤油は使っていませんが、お好みで一たらししてもよいでしょう。

いくみさん

いくみさん

バンコクでお料理関係のお仕事をしています。ツアーコンダクダーとして各国を廻った経験を活かしたオリジナルレシピと、タイ人の夫と作る「本格タイ料理」、そして華僑系中国人の義母に習った「中華」も作りやすくアレンジしたレシピをご紹介します。 時折、タイの面白情報も織り交ぜながら・・・。 どうぞ、時々お立ち寄りくださいね☆