真鱈の真子としらたきの煮付け

真鱈の真子としらたきの煮付け
  1. 12
    おいしそう!

料理紹介

魚卵としらたきを甘辛く煮付けた、
ご飯に合う和風おかず。

塊部分の卵はふんわり。
でもしらたきに絡んだところがまた美味しくて、
ついついご飯をおかわりしたくなっちゃいます♪

★材料

(2人分)

  • 真鱈の真子

    1腹

  • しらたき

    1袋

  • [A] 酒

    大さじ1

  • [A] 味醂

    大さじ1

  • [A] 醤油

    大さじ2

  • [A] 砂糖 (甜菜糖 または きび糖)

    小さじ2

★作り方

(5~15分)

  1. 1.

    しらたきは熱湯で2~3分茹でてアクを取り、
    食べやすい長さに切ったら乾煎りして水分を飛ばす。

  2. 2.

    真鱈の真子は熱湯でさっと茹で、臭みを取る。
    その後、食べやすい大きさに切っておく。

  3. 3.

    鍋に[A]を煮立て、酒と味醂を煮切ったら 2). の真子を入れる。

  4. 4.

    真子に味がなじんだら、しらたきを加えてざっと混ぜ、
    落とし蓋をして弱火で煮付けたらできあがり。

★ワンポイントアドバイス

◆真鱈の真子を食べやすい大きさに切る時は、まだ半生なので
 中身が出てきてしまいます。でも気にせずに、
 こぼれた分ごと鍋に入れてしまってOK。
 (バラバラになった卵がしらたきとよく絡んで、むしろ美味しく仕上がります。)

庭乃桃さん

庭乃桃さん

料理・食文化研究家。女子栄養大学 食生活指導士。ご飯がすすむ毎日のおかずから、ひと鍋で作れる本格欧風料理、日本の食卓にもなじむスパイス&ハーブのレシピまで幅広くご紹介しています。 2020年、欧州連合(EU)の食品・飲料プロモーション「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、季節のオリジナルレシピの開発・監修を担当。 柏書房より、ヨーロッパの食と歴史をレシピと共に紹介した『おいしく世界史』も発売中。