本場ドイツの定番♪ ホワイトアスパラガスの溶かしバターソース

本場ドイツの定番♪ ホワイトアスパラガスの溶かしバターソース
  1. 9
    おいしそう!

料理紹介

ホワイトアスパラガスを本場ドイツ流に茹でて、
相性の良い溶かしバターのソースと共にいただきます。

バターのコクと一体となった
香りの良いホワイトアスパラガスが絶品♪

シンプルですが、これが一番簡単&最高に美味しい
ホワイトアスパラガスの食べ方です。

★材料

(2人分)

  • ホワイトアスパラガス

    4~5本程度からお好きな本数

  • [A] 無塩バター

    1片

  • [A] 砂糖

    小さじ1

  • [A] 塩

    小さじ1

  • [A] レモン汁

    適宜

  • 無塩バター

    2片

  • 少々 (きつめに)

  • ハム (※ロースハムなどクセのないもの)

    適宜

★作り方

(5~15分)

  1. 1.

    ホワイトアスパラガスは、穂先のやや下あたりから
    根元に向かってピーラーで少し厚めに皮を剥く。
    根元を落とし、さらにかたければ数cm切り落とす。
    (※この時剥いた皮と、切り落としたかたい部分は
    捨てずに取っておきます。)

  2. 2.

    大きめの鍋かフライパンに多めの湯を沸かして[A]を入れ、
    1). で取っておいたアスパラガスの皮と根元のかたい部分も
    入れる。

  3. 3.

    先にアスパラガスの根元の方だけを湯の中に入れ、
    しばらく茹でたら、先端部分も沈めて少しやわらかめに茹で上げる。
    茹で上がったら火を止め、そのまま食卓に出すまで
    湯の中に浸けておく。

  4. 4.

    フライパンにバターを溶かし、塩をきつめに振ってソースを作る。

  5. 5.

    ホワイトアスパラガスの水気をよく切って皿に盛り、
    4). のソースをかけていただきます。
    ハムや茹でじゃがいもなどを一緒に添えても美味しいです。

★ワンポイントアドバイス

◆ホワイトアスパラガスは皮の部分がかたく、風味も強いので、
 ややしっかりめに皮を剥いておき、その皮と一緒に茹で上げるのが
 美味しく仕上げるコツです。

◆レモン汁は色止めに加えることがありますが、
 アスパラガスの風味が若干弱くなるのでお好みで。
 (※ちなみに写真は入れずに茹でたものです。)

◆漉した茹で汁は、とても美味しいスープになります。
 リゾットなどに利用しても美味。

庭乃桃さん

庭乃桃さん

料理・食文化研究家。女子栄養大学 食生活指導士。ご飯がすすむ毎日のおかずから、ひと鍋で作れる本格欧風料理、日本の食卓にもなじむスパイス&ハーブのレシピまで幅広くご紹介しています。 柏書房より、ヨーロッパの食と歴史をレシピと共に紹介した『おいしく世界史』発売中。2020年、EU(欧州連合)主宰「EU食材×日本食材 The Perfect Match」プロジェクトにて、レシピ開発全般を担当。