人参と塩漬け発酵胡瓜とツナ缶サラダ 

よろこば

人参と塩漬け発酵胡瓜とツナ缶サラダ
  1. おいしそう!

料理紹介

ロシアでも田舎の宴会では前菜として複数のサラダがたっぷりテーブルに提供されます。
マヨネーズベースが多い中、保存食の塩漬け発酵胡瓜/加熱した野菜、魚の缶詰で味付けは漬物と缶詰の塩味のみで仕上げる優しい味わいのサラダ。
加熱した人参や玉葱の甘さが引き立ちます。

★材料

(3人分)

  • 塩漬け発酵胡瓜

    3本

  • 人参大

    11/2本

  • 玉葱小

    1個

  • ツナ缶

    1個

  • 植物油

    大匙1

★作り方

(15~30分)

  1. 1.

    人参は蒸し器または電子レンジで加熱しておく。
    加熱したものを西洋おろし金で粗めに下ろすか千切りにしておく。
    玉葱は粗みじん切り、胡瓜も粗みじん切りにしておく。

  2. 2.

    フライパンに油を熱し、玉葱をじっくり炒め透き通ってきて甘い香りが立ってきたら胡瓜の漬物も加え炒める。

  3. 3.

    ボウルで荒くほぐしたツナ/切った人参、炒めた玉葱と胡瓜を和え器によそって完成です。

★ワンポイントアドバイス

ツナはスープ漬けのものを使用しています。
漬物の塩気でサラダの味を整えるので塩漬け発酵の胡瓜を使用してください。
人参とか南瓜半分ずつでも美味しいです。

塩漬け発酵胡瓜のレシピ(ID: r1029900)
http://www.recipe-blog.jp/profile/201699/recipe/1029900

★よろこばレシピ エピソード

マヨネーズベースのサラダが多いロシアで加熱した野菜と漬物、ツナの優しい味わいが美味しいと喜ばれます。

越後屋さん

越後屋さん

ロシア料理と言われて何を思い浮かべますか? ロシア(シベリア)の人は森の民、森の恵みを最大限生活へいかしています 夏は+40度越え冬は氷点下50度以下の村で8年ちょっと帯同駐在していました。 帰任した現在はロシア人から教わって、ごちそうになってただいま大地の味を忘れない様日本で作っています。 広い国土のロシア、旧ソ連地域の料理も時おり登場します。